INDEX    RSS    ADMIN

デスバリー(死の谷)国立公園  ロス、ラスベガス旅行(9)

5月21日からの旅行記の続きです。
(前の記事は、「my blog」のカテゴリー「ラスベガス・ロサンゼルス旅行」を参照ください。

24日の朝、ラスベガスからレンタカーを借り、ここからは車の旅となります。
 
car

本当に最後のスロットマシン・・記念に2ドルほど。

car


車で走ること3時間。同じような景色が続きます。

この辺は、砂漠なので、建物もほどんどありませんし、乾燥に強い低い木がはえています。


car

そして国立公園入口で、
veath valley

入園料を支払います。
車で入ると、確か20ドルくらいの支払い。
ゲートに門が或わけではないので、支払わなくてもわからないような仕組み?
どこかでチェックされるかと思ったら全くなかったのはアメリカらしい。







私たちがこの旅行で一番良かった場所、「デスバリー国立公園」。

「Death valley」「死の谷」と呼ばれる所以は、ここは「高地の砂漠」だからです。
夏(7,8月)には、平均気温が47°Cとなる灼熱の場に。
私達が行った5月末でさえ、軽く30度は超えていました。
(砂漠に入るので、しっかり水や食料を用意していきました。)


デスバリー国立公園
その大部分をカリフォルニア州インヨー郡、一部をネバダ州が占めている。
総面積は13,158平方キロメートル(長野県とほぼ同じ)であり全米の国立公園中、最大である。
そして前述したように、最も暑く、最も乾燥した地域であり、さらに海抜0m以下の地点を含んでいる(バッドウォーター、海抜下86メートル)。

最初に向かったのは、「Bad water」を一望できる「Dantes View」(ダンテスビュー)
へ標高1669mの展望台。


この景色を見ると・・・
これが「Bat water」はまるで湖のように見えますが、今はほとんど水はありません。
こちらについては、また後程。



death valley

昔は湖だったのです。とてもきれいでした。

valley

日本人なので、景色のよいところでランチ。
残念ながら写真がないのですが、ラスベガスのスーパーで買った寿司はとてもおいしかった。
また日本食。

[広告] VPS



valley

そしてここにはたくさんの高山植物がありました。
かわいくてきれいでした。


flower flower


応援のつもりでランキングサイトへクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ


旅行記も時間が過ぎると忘れてしまっていることがたくさん。
思い出しながら書くのでとても時間がかかります。


スポンサーサイト

コメント

こんにちは
コメントどうもありがとうございました。
ラスベガスとデスバレー、いいですね。
数年前にデスバレーを抜けてラスベガスに
行ったことがあります。その時のことを
なつかしく思い出してしまいました。

”アメリカでパンを焼く”で検索してみました。
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2009/0616/245910.htm?o=0
ここで、いい情報がありそうですが、いかがでしょうか?
なかなかこちらとは状況が違いそうなので、参考までにねv-411

Sakulanbo

こんにちは。
わざわざ訪問頂きありがとうございました。
ラスベガス、デスバリーに行かれたのですね。
アメリカに来たらラスベガスやロスにも行ってみようと思っていました。
グランドキャニオンもよかったですが、このデスバリー、思ったより良くて・・。
パンはしばらく試行錯誤しながら頑張ってみます。
アドバイスとても参考になりました。ありがとうございました。

オリーブさんへ

ありがとう。
私もいろいろ検索していましたが、こちらもとても参考になりそうです。
頑張ってみます。
非公開コメント

FC2カウンター

プロフィール

sakuramom

Author:sakuramom
おしゃべりが好きな東京在住主婦です。
夫のアメリカ駐在に2年だけ同行して、IN州にたくさん友達ができました。
英語がぺらぺらと出てくるように勉強を続け、日々の生活も楽しみたいとも思っています。

カテゴリ

TOEICボキャドリル(わんこ版)

今日の日付入りカレンダー


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロマガ購読者数

現在0人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

英検準1級単語4択ドリル


英検準1級単語ドリル by 英語のゆずりん