INDEX    RSS    ADMIN

JAZZ BAR をはしご そしてバーボンストリートは・・・ (11)ニューオリンズ、フロリダ旅行


さて旅行記の続きを。


「Maison Bourbon」を後に、バーボンストリートを歩きました。
もう9時を過ぎた頃には、この通りは人であふれています。
店から流れてくる音楽は、さまざま。
ほとんどがJAZZなのかと思ったらそうでもなく、繁華街は観光客と若者で活気があります。

次なる店は、こちら。
あ・・店の名前も忘れてしまいました。

「Maison Bourbon」は、ブルースのようなJassを聞かせるとしたら、こちらの店は、


「ディキシーランド・ジャズ」?私はJAZZの知識が薄いので間違っていたらごめんなさい。
軽快な感じのものでした。


ディキシーランド・ジャズ」、(Dixieland Jazz)は、クラシック・ジャズに分類される一分野。
「ジャズの最初の形態」と認識されることが多い。

時として「ホット・ジャズ」または「ニューオーリンズ・ジャズ」とも言われ、20世紀初頭にニューオーリンズで発達したジャズのスタイルで、ニューオーリンズのバンドが1910年代にシカゴやニューヨークに移動して広まった。
ディキシーランド・ジャズは、ブラスバンドの行進曲、フランスのカドリーユ、ラグタイム、そしてブルースが集まり結びついてできた音楽で、ピアノ、ギターまたはバンジョー、ドラムス、コントラバスまたはテューバといったリズム・セクションを従えて、トランペット(またはコルネット)、トロンボーン、クラリネットが、ポリフォニックな即興演奏を行う。(ウィキペディアより)

こちらは、「バンジョー」を弾いている方。

bar

それはそれは素敵な音楽でした。

[広告] VPS



[広告] VPS



[広告] VPS



席料はいりませんが、演奏を聞いているときに、飲み物がないとなんとなく居辛いので、(ビールはすぐに飲んでしまうので)
2杯目は「カシス」で割ったお酒を頼みましたが・・・アルコール度数が強すぎてのめません。

夫は甘すぎるので、いらないと。
何でもヘビーなアメリカです。


bar

ここも満席で最初は入り口で立ち見。
凄く寒くてどっと疲れました。
おまけにこんな強いアルコールで・・・だんだん眠くなってきて こちらを出ました。


bar


またいい店が見つかったら入ろうかと 私たちの泊まっているホテル方へ歩きました。


bar

なんでしょう? この異様な雰囲気は?
満員電車のように人が溢れています。


このあたりは若者がすきそうな激しい音楽がたくさんながれ・・
馬に乗った警察官が あちらこちらに。

人種のことを言う分けではありませんが、ほとんどが黒人、それもイカツイ感じの若者がたくさんいると
勝手なイメージで「怖い」って。

ここにいると、歩いているだけでも私たちは目立ってします。
「私たちは外国人、そしてアジア人なんだ。」と

street



話は飛びますが、エジプトも若者たちの群集から革命がおきましたが、そんな中にいるって「当事者」でなかったら怖いのだろうなって。

下を向き、何事もないことを祈りながら、酔いもいっぺんに冷めてホテルに戻りました。
途中で、若者が警察に逮捕されていました。

旅行は、「楽しいこと」と、「緊張の連続」ですね。


東京も少し雪が積もりました。
ですが、水っぽい雪だったのでもう溶け始めています。
昨日は、縫い物をしていました。
handicraft
(ステンドグラスは、自作のお気に入り。実は私の通っていたステンドグラスの先生が、帰国したらもう亡くなっていました。)



最後までお読みいただきありがとうございました。
応援のつもりでランキングサイトへクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

FC2カウンター

プロフィール

sakuramom

Author:sakuramom
おしゃべりが好きな東京在住主婦です。
夫のアメリカ駐在に2年だけ同行して、IN州にたくさん友達ができました。
英語がぺらぺらと出てくるように勉強を続け、日々の生活も楽しみたいとも思っています。

カテゴリ

TOEICボキャドリル(わんこ版)

今日の日付入りカレンダー


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロマガ購読者数

現在0人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

英検準1級単語4択ドリル


英検準1級単語ドリル by 英語のゆずりん