INDEX    RSS    ADMIN

武甲山登山(秩父) (2) 道に迷う。

山登りの記録の続きです。

IMG_2724.jpg

IMG_2725.jpg
(武甲山山頂から長者屋敷の頭へ向かう間の景色は、とても素敵でした。)

「山を 甘くみてはいけません。」
ルートが体力以上だったりすると、大変な目に遭いますから、気を付けています。
いきなり100名山に登らず、少しずつ積載標高差や距離を伸ばそうと記録を付けています。

それでも標識を見間違えました。
下山コースは
「シラジクボ」~「持山寺跡」~橋を通り、登りのコースと同じ道に合流、「一の鳥居」の予定が

IMG_2716.jpg

確か・・・20分くらいで「シラジクボ」に着くはずなのに・・・30分以上下っています。
「おかしい??」
下る方向を間違っていました。

南へ下山予定だったのに、西に行ってますね・・・
それに全く気付いていません。

IMG_2748.jpg
(地図はクリックすると大きくなります。)


11時半前、ここでとりあえずご飯を食べました。
「シラジクボ」は、こちらという標識をみつけ、進みました。
でも・・・なかなかつかない。。。。不安になります。

だんだん道なのか?はっきりしない・・・・
途中何ケ所かは、道が崩れてます。(30センチくらいの幅の道だったり・・・)
石灰岩ですしね。。。。

IMG_2727.jpg

シラジクボにつかないよ。。。。

ここで、「ルートが完全に間違っていたんだな。」と初めて気が付きました。
(後で確認したら、地図に書いてある、「道路が不明瞭通行注意」の道を通っていました。)
IMG_2726.jpg

今来た道を戻りたくても、かなり下ったので、それだけ登らないといけない。
それは大変だし、方角は武甲山の方へ向かっているので、この道を進むことに。

「いったい自分たちがどこにいるか?」
「こうやって日が暮れて、体力を消耗して・・・・遭難するのかな?」
と一瞬頭をよぎりました。

45分くらい歩いたら、「シラジクボ」に到着。

最初に計画していた「持山寺跡」方面への下る道は?・・・「通行止め」?
ロープが張られて通行できません。とほほ・・・
・・・
結局また「武甲山山頂」へ戻ることに。
IMG_2728.jpg

「シラジクボ」から「武甲山山頂」は、また1時間の登りです。
野原のような中にある道、この道で大丈夫なのか不安も残ります。

300メートル、。急な坂を登りました。
結構きつい。。。それに本当に武甲山に着くのか不安で、ペースを落とし体力温存しながら登りました。

12時40分、何とか武甲山神社へ戻り、ここからは、登った道を下山するだけ、
ルートがはっきりしたので、ほっとできました。
ここから下山に2時間近くかかります。
疲れもたまっていたので、膝を悪くしないよう、少し遅いペースに。

IMG_2729.jpg

道がわかれば不安はないし。。。のんびりマイナスイオンを感じながらの下山です。



午後2時前に到着です。
(冬は日没早いので、スタート時間を早めていたのでよかったです。)


IMG_2754.jpg

歩行時間5時間半 (たぶん7時間のコースですね。)
消費カロリー875 積載標高差1121メートル(今までで最高です。) 距離は約12.5キロでした。

IMG_2753.jpg

積載標高差は、800メートルは何度も経験していましたが、1100メートルの登りは初めてです。
これって・・・もしかしたら利尻登れる??(1200M)

分岐点では、等高線の入った地図で方位磁石などで方向を確認しなければならないと反省しました。

IMG_2737.jpg

「武甲温泉」が近くにあり、入り、3時半に出発
途中から私も運転を代わり、6時半には自宅へ戻りました。

それでも山は楽しいですね。。。
また行きたいと思ったのでした。。。

最後までお読みいただきありがとうございました。
英語は。。。5月に私の英語の先生がフィリピンからやってきて。。。その計画の話で盛り上がりました。




スポンサーサイト

コメント

No title

以前から登りたいと思っていた、武甲山に登ったんですね。
Congratulations!!!
今回は良い経験をしましたね。
道が怪しいと思った時、元の道に戻るのが結果的に時間ロスが少なく済み危険も回避できます。
出来れば観光地図のような大雑把な地図でなく、国土地理院発行の細かい等高線の入った地図とコンパスを持って行って見晴らしの良い所に出た時や頂上で地図を見ながら周りの山の名前の確認をする事を習慣にすることをお勧めします。
地図の読み方等教えてくれる、山岳連合会の講習に参加するのも良いと思います。

No title

道に迷うと本当に心配ですよね。
百名山は意外に人気なので、人が多かったりするし、ルートもわかりやすかったりすると思うのですが(私が行った山はそうでした)
低山の人の少ない山は、ドキドキでした。
地図の読み方会、良さそうですね。

KINPUさんへ

コメントありがとうございます。
最初は、登れるか心配でしたが、登れてよかったです。
等高線の地図を持ってきて読めたらいいなあと切に思いました。
来年は、雲取山、そしていつかKINPU(金峰山)へも挑戦したいと思っています。
その前に、三鷹山岳会の山登り講習会に、来年は参加します!
近いうちに、遊びに寄らせてください!
山の話ができるので・・・・是非!

 オリーブさんへ

百名山は、そうかもね・・・
東京周辺は、縦走できるようにたくさん山があるので、人それぞれルートが違います。
道に迷ったときに、下から登ってくる人に、どこから来たか尋ねたりしてました。
ただ、KINPUさんが言うように、「迷ったら元の道へ戻る」ということをせずに進んでしまったので。。。。少し怖い破目に。
今まで登った中で初めて800メートル一気に登るので、体力的にも?
まだ余力が残っていたからよかったけれど、膝や腰痛が出たら大変なことになるかもしれなかったと反省です。
また登りましょう!是非こちらの山にも来てね。
非公開コメント

FC2カウンター

プロフィール

sakuramom

Author:sakuramom
おしゃべりが好きな東京在住主婦です。
夫のアメリカ駐在に2年だけ同行して、IN州にたくさん友達ができました。
英語がぺらぺらと出てくるように勉強を続け、日々の生活も楽しみたいとも思っています。

カテゴリ

TOEICボキャドリル(わんこ版)

今日の日付入りカレンダー


03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

ブロマガ購読者数

現在0人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

英検準1級単語4択ドリル


英検準1級単語ドリル by 英語のゆずりん