INDEX    RSS    ADMIN

アメリカの葬儀の話

昨日の雪が、嘘のような、見事な晴れです。
友人夫婦と房総半島まで行きます。
富浦インターで待ち合わせです。

ドライブ日和です。
先ほど順調に、横浜通過しました。






先日、英会話でアメリカの葬儀事情を聞きました。
時間がたったので少し忘れましたが。。。

人が亡くなると火葬(cremation)か埋葬(burial)のどちらかを選ぶことができるそうです。

(全米が同じか?な話ですが。。カルフォルニアの方の話です。)

[Funeral director」を頼みます。
亡くなった一日目は、何もしません。
「火葬にしますか?埋葬にしますか?」と選ぶそうです。
二日から葬儀などの儀式となります。
その時、いろいろと日本の葬儀社のようなところが決めて動くのですが。。。
火葬の時には、ボートをどうするか?というのもあるとか。

日本と違い、アメリカでは火葬した後の骨は 「遺骨」として残らず すべてが「灰」、「遺灰」になるそうです。

その灰をボートを頼んだ方は 海?にまくそうで。。。
全部まく方、または残りを骨壺のようば「urn」という壺に入れる方もいると。

服も必ずしも黒でなくても良く、奥様などは、故人が好きだったフォーマルドレスをきたそうな。



rest of life 残りの人生。。楽しまなきゃ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

FC2カウンター

プロフィール

sakuramom

Author:sakuramom
おしゃべりが好きな東京在住主婦です。
夫のアメリカ駐在に2年だけ同行して、IN州にたくさん友達ができました。
英語がぺらぺらと出てくるように勉強を続け、日々の生活も楽しみたいとも思っています。

カテゴリ

TOEICボキャドリル(わんこ版)

今日の日付入りカレンダー


04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

ブロマガ購読者数

現在0人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

英検準1級単語4択ドリル


英検準1級単語ドリル by 英語のゆずりん