INDEX    RSS    ADMIN

那須旅行(5) 藤城清二美術館

旅行記の続きです。

茶臼岳の景色は最高でした。
もう少し連山できそうでしたが、夫が迎えに来ます。
連休中の那須高原の渋滞にはまっているようで、
私はロープエー口からバスで一軒茶屋まで行くことになりました。
今回私たちは車で来て、弟は現地でレンタカーを借りました。
お蔭で送迎だけの旅行にならずに済みました。

今度は東京方面への渋滞にはまらないためにも早く出なければ。
IMG_1081.jpg

簡単に昼食を済ませ、藤城清治美術館へ。
皆でここに来たかったのでした。
息子たちにデートコースなど教えてくて・・・笑)

夫と2人になりました。
IMG_1083.jpg

メルヘンチックで、素敵な影絵ですね。
私の友人が大ファンだったのでお土産を買いました。

IMG_1089.jpg

それなりに楽しい旅行になりましたが、調整が大変でした。.
スポンサーサイト

那須旅行(4) やはり茶臼岳へ

旅行記の続きです。
旅行3日目のこと

私、初めて旅行先で不満爆発。
調整役は疲れました。
人の世話や送迎だけでなく、私だって行きたいところはある。
と、自分のやりたいことを主張しました。
3日目、お天気がよくなり「茶臼岳」へ向かうことにしました。

IMG_1056.jpg

旅行に来て初めての快晴。
ロープエーまで夫に送ってもらい、息子たちと3人で登山口へ。
息子たちはすぐに降りて、夫が那須塩原駅まで送迎。

私はこの9合目から240メートルの短い登山を。
その前に足ならしのため、牛ケ首方面へ往復で40分ほど歩いてみました。
IMG_1061.jpg

IMG_1065.jpg

右手も怪我をしているので、気になりながらなんとか登頂できました。
IMG_1069.jpg

ゆっくりと登りました。
途中で何度かやめようかと思いました。
でも後一歩だけ頑張ってみようと、一歩踏み出し、休んではまた一歩。

IMG_1072.jpg


IMG_1074.jpg

山から見る景色は格別です。

IMG_1077.jpg





那須旅行(3) 北温泉とゲーム大会

旅行記の続きです。
7月20日(日)お昼すぎに次男が那須塩原へ到着するとの連絡。
子供連れに大人気の那須高原は、大渋滞でした。
黒磯まで来てもらい、食事をし、北温泉へ向かいました。
夫たちも下山し、合流。

IMG_1038.jpg
北温泉は、映画「テルマエロマエ」のモデルにもなった場所。
160年くらいの歴史ある温泉、那須でも一番人気。

IMG_1043.jpg

割安で宿泊もできるようですが、温泉だけ入りました。
大きな露天風呂もありますが、勇気なく断念。
宿泊したときに入ってみようかと思っています。

IMG_1041_20160811144036ede.jpg

どこかノスタルジックな雰囲気を醸し出す館内。

IMG_1045_20160811144038b1f.jpg
山登りを楽しんだ夫達は、すがすがしい顔をしてました。
中1の姪っ子も弟に連れられ登山をやり始め、今回も5時間よく歩きました。

IMG_1014.jpg

同じペンションへ。
食事の後は、2日続けて、ゲーム大会。
トランプとモノポリー、そして次男が持ってきてくれた、古いTVゲーム「ぷよぷよ対戦」で大盛り上がり。
姪っ子、初めて「モノポリー」を体験。

退職記念だったので、2人の息子から夫と私へプレゼントを用意してくれてました。
「バカラのグラス」とワイン(私)と焼酎(夫)

IMG_1051.jpg

いい子供に育ってくれたなあと感謝です。

IMG_1052.jpg

あいにくの雨模様。
ペンションがバス停から遠く、いちいち送迎しなければならなくて、設定ミスでした。


那須旅行(2) 那須平成の森散策

那須旅行2日目、2つに分かれ行動。
夫と弟、姪は茶臼岳登山。私はケガの為に断念。目の前にある山に登れないのは辛い。
ず~と楽しみにしてましたから・・・・

そこで、母と息子を連れて、「那須平成の森」へ。
平成20年にできた新しい場所です。
( 雄大な那須連山の山麓 に広がる那須高原に天皇の那須御用地半分の560haを、宮内庁から環境庁へ移管。
 自然と触れ、歩道などの整備された森は一般開放、ほかは、自然環境のモニタリング調査などを行っています。)

たまたま「ガイド着きツアー」が空いていたので参加しました。
ここでは「ガイド」とは呼ばす「インタープリター」と呼ばれる専門家が案内します。
彼らは、自然と人との橋渡し役。その時その場所の自然が発するメッセージを、わかりやすく伝えてくれます。

2時間の楽なコースです。
インタープリターがいると、立ち入り禁止の森に入ることができます。

IMG_1016.jpg

小学生くらいのお子さんも参加、2回目という方もいました。
IMG_1018.jpg
ピンクのリボンは、漆に注意!

IMG_1019.jpg

前日雨が降りました。森の中では、雨のしずくが、蜘蛛の巣の芸術作品を作りだしてくれます。
もっと大きな巣もありきれいでしたが、時間がなくて撮れず。

IMG_1021.jpg
この傷は、熊のつめ跡、クマ出没します。
インタープランターは、鈴とスプレーなどを装備しています。
元来クマは、おとなしい性格なので、自分から近寄ってこないそうです。
山歩きの時に、鈴を鳴らしていったり、おしゃべりは有効らしい話も聞きました。

IMG_1022.jpg

人があまりはいらない森は、本当に神秘的です。
荒らされていませんし、自然のままですから・・・。
トリカブトの葉もありました。汗)

IMG_1024.jpg
新潟にも近いので、日本海側の笹と 太平洋側の笹の2種類をこの場所で観察できました。
どっちが、分厚く裏にギザギザがあったのだったか・・・・はは 忘れました。

IMG_1025.jpg
本当に緑が深い。

IMG_1031.jpg
蝦夷アジサイ

IMG_1032.jpg
ここは、天皇家の馬を買っていたところ。写真のように上は草原でしたので、この森の上の方は、まだ日が浅いとのことです。


IMG_1034.jpg
「森の中」ですよ。
キツツキが作った木の穴を、ほかの動物が再利用したり、生き物と森が共存している話を聞けて良かったです。





那須旅行(1)  那須塩原市の観光

しばらく旅行記を書きます。
7月16日から2泊で那須方面へ。
東京在住が長いのに、那須は初めてでした。

今回は、夫の退職記念ということで、息子達を無理やり参加させ、義弟と姪、義母も含め総勢7名となりました。
義母に、前日に我が家に来てもらい、早朝6時、自宅を出発。
3人で車で那須塩原へ、8時半には着きました。

母がTVで見て行きたいといった「旧青木家那須別邸」へ

IMG_0980.jpg

明治時代にドイツ公使や外務大臣を務めた青木周蔵の別荘。「ドイツ翁」と称された周蔵は、ここに農場とドイツの建築技術を使った素敵な洋館を建てました。
写真は、ドイツ風の窓飾り、屋根窓はドーマーウィンドウ、個性的な人造スレートの屋根瓦などなど、貴重な近代建築らしいのですが。。。。説明を受けないと?ですね。 (予習が必要でした。)

ただ・・この前は、広い公園(8月は、一面ひまわり畑らしい。)と「明治の森・黒磯」と呼ばれる、私の大好きな道の駅もありました。

IMG_0986.jpg

ここの道の駅は、お勧めですね。お野菜が安い!!
早朝ということもあったのしょうが。。。テンション上がりました。

IMG_1192 (1)

時間があったので、近くの乃木将軍の別荘にも立寄りました。
別荘の前に、乃木神社があります。
神社建設の由来などは、ここ

IMG_0993.jpg
 
乃木神社境内とその周辺からなる公園も静かで素敵でした。

IMG_0995.jpg > IMG_0997.jpg


そして、「もみじ大橋」へ
吊橋を囲む雄大な塩原渓谷を見ることができます。
もみじ谷大吊橋は、全長320メートルで無補剛桁歩道吊橋としては、本州最大級の長さを誇ります。
「無補剛桁歩道吊橋」とは、補剛桁ではなく、ワイヤーロープを横に張ることにより吊橋の強度を高める構造になっている歩行者用の吊橋です。
?よくわかりませんね。補講桁(ほこうけた)とは、これ

IMG_1002_20160810172123865.jpg

都心から2時間ちょっと、那須は別荘地だけあって、緑がたくさん、のんびりしました。

FC2カウンター

プロフィール

sakuramom

Author:sakuramom
おしゃべりが好きな東京在住主婦です。
夫のアメリカ駐在に2年だけ同行して、IN州にたくさん友達ができました。
英語がぺらぺらと出てくるように勉強を続け、日々の生活も楽しみたいとも思っています。

カテゴリ

TOEICボキャドリル(わんこ版)

今日の日付入りカレンダー


03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

ブロマガ購読者数

現在0人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

英検準1級単語4択ドリル


英検準1級単語ドリル by 英語のゆずりん