INDEX    RSS    ADMIN

陣馬山から高尾山までの縦走登山

2017年3月19日(日) 縦走登山の記録です。
風邪をひいたり、腰痛だったりでいまいちの体調が続いていましたが、なんとか復活。
縦走できない場合も想定し、途中で下山できるルートも作り、山岳保険にも入り、無理のない計画を立てました。

自宅を6時20分出発、車で「高尾駅」に7時到着。
ネットで予約していた、駐車場が見つけきれず,予定の電車に乗り遅れました。
「藤野駅」から「陣馬登山口」のバスの本数が少なく、一時間待つのかと・・朝からついてないな・・・と。

IMG_3380.jpg]
(1泊 650円で、携帯電話会社への支払い。ポイントが残っていたので、それで支払い無料になりました。
なかなか面白いサイト見つけました。)

夫がサングラス忘れたから取ってくるとまた車に戻りました。
駅前で待っていると、こちらに向かっている夫が、誰かと話をしています。
「こんなところで知り合いに会うなんて、誰にあったの?」

    。。。。。

義弟と姪でした。
姪が電車に酔ったらしく1本電車を遅らせ・・・偶然が重なり、道端で出会ったのでした。

せっかくなんで予定を変更し、一緒に行くことに。
JRの高尾駅からは、「陣馬高原下」へのバスが出ています。
8時10分のバスにのり、8時45分には到着。

本日のルートは「陣馬高原下BS~陣馬山~景信山~城山~高尾山~高尾山口」19キロの縦走登山です。

~高尾 陣馬


IMG_3357.jpg

9時10分出発。

IMG_3358.jpg

参考・・(陣馬山~高尾山コース)総歩行距離、約18.5㎞   目安登山時間、6時間30分※休憩時間入れず
 ・陣馬高原下バス停~陣馬山山頂 4.4㎞ 80分  ・陣馬山~明王峠~景信山 5.6㎞ 140分
 ・景信山~小仏峠~小仏城山~一丁平~高尾山~一号路~高尾山口駅 8.5㎞ 170分
(だたし、巻道という近道あり。)  ( 参考・・ここ


連休ですし、そこそこ人もいたので、道に迷うことはなかったですね。
陣馬山へ、10時10分到着。(ちょっとスピード上げすぎたかな?)

IMG_3362.jpg

標高856メートル。白馬の前で皆で写真を撮りました。
陣馬の頂上は、もっと広いと思っていました。
姪っ子が少し体調がすぐれなかったので、10分くらい休憩。

ここから、景信山までが何度かのアップダウンで疲れました。
姪っ子と弟は、巻道使ったようです。
私は、最後の坂で「今日は高尾まで無理かな?」と疲れを感じ弱気になりました。

12時10分に景信山到着。
ここでキノコ汁と弁当でお昼です。40分休息。
お腹がいっぱいになったら、なんだか元気が出てきました。

「景信山から高尾山口まで後9キロ。。。。大丈夫かしら?
ここからの道は一度歩いたことがあるので、アップダウンはきつくない。
もしだめなら、小仏から下山すると、バス停もあるし・・・とりあえずそこまで頑張ろう。」
と、自分に言い聞かせました。


IMG_3364.jpg

私もここからは「巻道」(近道)を選択。
楽~~!

IMG_3366.jpg

写真撮る余裕でてきた~~。

IMG_3367.jpg

この狸も見覚えある~。(13時通過)(iphoneで写真撮影しておけば、後で通過タイムがわかります。)
IMG_3364.jpg

一丁平の山桜。。。前に花見したな~~。(13時25分通過)
花見はまだまだ先ですね。それにしても花粉が凄すぎます。
くしゃみ鼻水・・・体のきつさより、花粉症の方がつらい。


この辺りから、人の渋滞が始まり、高尾へ近づくと異常な人込み。
「ここ山ですか?と思うような人・人・人」
この時期、本来なら絶対に近づきたくない。

IMG_3370.jpg

高尾山頂到着!!!(14時)
山頂での写真撮影ですら、たくさんの人が並んでいます。

高尾山頂上で少し休憩。
IMG_3372.jpg

弟たちは高尾山が初めてなので、神社を参拝しながら歩きます。
高尾山は、寺でありながら、神社のしめ縄がある話に。
神仏習合の名残を今なお、垣間見ることができるらしい。

IMG_3377.jpg

休日の高尾山は、下山する道も混むので、広い道の1号道を選択しました。
リフト乗り場は、見たことのないような長い列。

IMG_3378.jpg

15時「高尾登山口」へ到着。
6時間(歩いたのは、5時間) 19キロメートル。積載標高差は980メートルでした。
(巻道をしなければ、積載標高差は1230メートル。)

IMG_3387.jpg

思ったより疲れず、京王線で「高尾登山口」から「高尾駅」まで行く、そして車に乗り換え温泉へ。
ゆっくり入って、5時に出発、6時半に自宅到着、ご飯もつくれました。


今回の反省・・・バス停のトイレに並ぶのが遅くなり、出発時間ンが15分以上遅くなった。
先に行った弟たちに追いつこうと、最初にペースを上げすぎました。
陣馬まで一気に登ったので、足が張りました。
その後でしょうか?登りがきつく感じました。
最初は、ゆっくり登るように心がけます。

そして、杉林が多いので、花粉症の方は、今の時期はおすすめできませんね。
山桜・・4月初めごろがよいのかな?
スポンサーサイト

I Climbed at mounain from Mt. Jinba to Mt. Takao.

It's been about one month since I didn't update my blog.
Because I was busy too much, I had a low back pain and I caught a cold.
Now I am fine and...
~高尾 陣馬

My husband and I climbed at Mt.Jimba(Elevation 855m) yesteyday.
We ran into my brother-in-law and my niece before climbing.
Then we walked along the ridge of a mountain range from Mt. Jinba to Mt. Takao(Elevation 599m).
We spent 6 hours to walk for 19 km.

「縦走登山」というのは、どう表現するのか。、
辞書では、「walke along the ridge of a mountain range 」

「ridge」「rídʒ」「リッジ」は、「山の背、尾根、分水嶺、隆起(線)、鼻梁(びりよう)、うね、あぜ、(屋根の)棟(むね)、(高)気圧の峰」

「偶然出会う」は
Run into →「〜にバッタリ出会う/遭遇する」
Coincidence
 「What a coincidence!」 「すごい偶然だね!」
 「What are you doing here? what a coincidence!」「こんなところで何しているの?凄い偶然だね!」
    参考・・ここから

皿倉山登山

昨年12月30日に、皿倉山に登ったので記録のために書いています。
「新日本三大夜景のひとつである皿倉山は、標高622mで「100億ドルの夜景」とも呼ばれ、
北九州市のシンボル的存在でもあります。」

残念ですが、夜景は見れませんでした。
夫が29日に博多から遅めに時間に北九州へやってきたので
スタートが12時半近くになりました。

北九州出身の私は、若い頃や何度かこの山に登りました、
が、今回は初めて 河内貯水池側から登ります。
ルートは、以下の通りでした。

map5.gif

が、登り口を間違えました。
温泉ができていて、そこに車を止めて登り始めました。


IMG_2882.jpg

私も計画はおおざっぱですが、今回の企画は夫に任せていましたが。。。。
低山なのでという気持ちのあったでしょうが・・・
山をなめてはいけません。

IMG_2884.jpg

年末にしては高い気温だったので・・・楽しいハイキングとなりました。


緩やかな上り坂ですが、竹林がきれいです。
12月に山に登れるなんて、地球温暖化?九州ですしね・・・
ありがたい。

IMG_2888.jpg


頂上に一時間半で着きました。
割と早く着いたな。

IMG_2894.jpg

こちらが北九州工業地帯、夜景でなくてもきれいです。
特に今日は快晴でしたので…遠くまで見えます。


IMG_2890.jpg

頂上の反対側の景色は、こちらです。

 IMG_2897.jpg IMG_2898 (1)

天空ドームやらいろいろ新しいものができてた。

IMG_2899 (1)

それにしても素敵な景色だな。。。

IMG_2905 (1)

思ったよりも距離が短く歩き足りないなあ・・・と思っていたけれど、下山コースを変えたので、
駐車場まで、貯水池を見ながら少し歩きました。

IMG_2906 (1)

花見の頃は、ここは本当にきれいな場所なのです。

IMG_2908 (1)

そして車の置いていた、「河内天然温泉 あじさいの湯」(840円)で温泉に入り

IMG_2909 (1)

八幡のイオンで働いている友人にお土産を渡し、帰宅。
(イオンの横に、世界をお騒がせしたスケートリンクのあるスペースワールドがあります。)

IMG_2910 (1)

今日は、カニ鍋にフグ刺し、そしてサザエのつぼ焼きにひれ酒と野菜なと。
「あなたの旦那はよく食べるから。。。」ということで私が作りました。
男はいいよね・・・どこかに行ってもご飯作らなくてよいから。
パート主婦ですから。。。これが仕事です。


IMG_3068.jpg

今回は 9.57キロ、積載標高差529メートル。2時間半の登山でした。

IMG_3070.jpg

追伸)帆柱コースは、途中で昔行った「藤棚」のところを通るのですが。。。
ネットで見ると、アメリカのCNNが選んだ『日本の最も美しい場所31選』にもエントリーされた「川内藤園」と書いてます。
 ありゃ~~ 灯台下暗し・・次回行かなきゃ・・・ (河内藤園の字をクリックるすると写真が見れます。)

武甲山登山(秩父) (2) 道に迷う。

山登りの記録の続きです。

IMG_2724.jpg

IMG_2725.jpg
(武甲山山頂から長者屋敷の頭へ向かう間の景色は、とても素敵でした。)

「山を 甘くみてはいけません。」
ルートが体力以上だったりすると、大変な目に遭いますから、気を付けています。
いきなり100名山に登らず、少しずつ積載標高差や距離を伸ばそうと記録を付けています。

それでも標識を見間違えました。
下山コースは
「シラジクボ」~「持山寺跡」~橋を通り、登りのコースと同じ道に合流、「一の鳥居」の予定が

IMG_2716.jpg

確か・・・20分くらいで「シラジクボ」に着くはずなのに・・・30分以上下っています。
「おかしい??」
下る方向を間違っていました。

南へ下山予定だったのに、西に行ってますね・・・
それに全く気付いていません。

IMG_2748.jpg
(地図はクリックすると大きくなります。)


11時半前、ここでとりあえずご飯を食べました。
「シラジクボ」は、こちらという標識をみつけ、進みました。
でも・・・なかなかつかない。。。。不安になります。

だんだん道なのか?はっきりしない・・・・
途中何ケ所かは、道が崩れてます。(30センチくらいの幅の道だったり・・・)
石灰岩ですしね。。。。

IMG_2727.jpg

シラジクボにつかないよ。。。。

ここで、「ルートが完全に間違っていたんだな。」と初めて気が付きました。
(後で確認したら、地図に書いてある、「道路が不明瞭通行注意」の道を通っていました。)
IMG_2726.jpg

今来た道を戻りたくても、かなり下ったので、それだけ登らないといけない。
それは大変だし、方角は武甲山の方へ向かっているので、この道を進むことに。

「いったい自分たちがどこにいるか?」
「こうやって日が暮れて、体力を消耗して・・・・遭難するのかな?」
と一瞬頭をよぎりました。

45分くらい歩いたら、「シラジクボ」に到着。

最初に計画していた「持山寺跡」方面への下る道は?・・・「通行止め」?
ロープが張られて通行できません。とほほ・・・
・・・
結局また「武甲山山頂」へ戻ることに。
IMG_2728.jpg

「シラジクボ」から「武甲山山頂」は、また1時間の登りです。
野原のような中にある道、この道で大丈夫なのか不安も残ります。

300メートル、。急な坂を登りました。
結構きつい。。。それに本当に武甲山に着くのか不安で、ペースを落とし体力温存しながら登りました。

12時40分、何とか武甲山神社へ戻り、ここからは、登った道を下山するだけ、
ルートがはっきりしたので、ほっとできました。
ここから下山に2時間近くかかります。
疲れもたまっていたので、膝を悪くしないよう、少し遅いペースに。

IMG_2729.jpg

道がわかれば不安はないし。。。のんびりマイナスイオンを感じながらの下山です。



午後2時前に到着です。
(冬は日没早いので、スタート時間を早めていたのでよかったです。)


IMG_2754.jpg

歩行時間5時間半 (たぶん7時間のコースですね。)
消費カロリー875 積載標高差1121メートル(今までで最高です。) 距離は約12.5キロでした。

IMG_2753.jpg

積載標高差は、800メートルは何度も経験していましたが、1100メートルの登りは初めてです。
これって・・・もしかしたら利尻登れる??(1200M)

分岐点では、等高線の入った地図で方位磁石などで方向を確認しなければならないと反省しました。

IMG_2737.jpg

「武甲温泉」が近くにあり、入り、3時半に出発
途中から私も運転を代わり、6時半には自宅へ戻りました。

それでも山は楽しいですね。。。
また行きたいと思ったのでした。。。

最後までお読みいただきありがとうございました。
英語は。。。5月に私の英語の先生がフィリピンからやってきて。。。その計画の話で盛り上がりました。




武甲山登山(秩父) (1)

12月5日、武甲山登山をしましたのでその記録です。

5月の連休に秩父の羊山公園に行ったときに見えた武甲山に登りたいと思っていました。
IMG_0319.jpg

武甲山は、日本200名山の一つです。
IMG_0325.jpg

今回は、車で行きたいので、羊山公園側からでなく、反対の「横瀬町」側から登ることにしました。

自宅から所沢街道は混むので、朝5時50分出発。
ルートは、image003.jpg

7時50分には近くのセブンイレブンに着き、朝ごはんを食べ、スタート地点の「一の鳥居」まで車を走らせます。

IMG_2735.jpg


武甲山は、石灰岩が多く含まれているそうで、「秩父セメント」の工場が途中にあります。
IMG_2734.jpg

そこを抜けると、標高約500メートルのところに「一の鳥居」と20台分くらいの駐車スペースがあります。
DSC_0314.jpg

登山届のボックスがありましてので書いて入れました。
8時半スタートです。

「一の鳥居」~「不動滝」~「大杉の広場」~「武甲山御岳神社」~「武甲山山頂」 の2時間半のコースです。

IMG_2694.jpg

スタート地点が、表参道1丁目で、ここは17丁目。52?までありました。

IMG_2695.jpg

不動の滝です。ここに空のペットボトルがたくさん置いてあり、水を入れて頂上にあるトイレまで運んでください。と。

IMG_2697.jpg

「大杉の広場」標高1000メートルです。
500メートル登りました。
朝は、息が白くなるほど寒く、重ね着をしたのですが、歩くと暑い、脱ぎました。

IMG_2698.jpg

登山中、外の景色は見れませんが、山道がとても心地よい。
IMG_2701.jpg

武甲山神社に到着。ここまでで1時間40分。
IMG_2702.jpg

夫が2リットルの水を抱えてくれたので、トイレの上にあるマンホールの中へ水を入れました。
(トイレがあるのはありがたい。それは皆さんの善意なのですね。私は、自分が登るだけで精いっぱいでした。)

IMG_2707.jpg

記念に、鐘を鳴らしてきました!

IMG_2711.jpg

山頂1304メートル到着!

IMG_2713.jpg

まだ10時半だったので、そのまま下山せずに一周するはずが・・・・またハプニング!
長くなったので(2)で




FC2カウンター

プロフィール

sakuramom

Author:sakuramom
おしゃべりが好きな東京在住主婦です。
夫のアメリカ駐在に2年だけ同行して、IN州にたくさん友達ができました。
英語がぺらぺらと出てくるように勉強を続け、日々の生活も楽しみたいとも思っています。

カテゴリ

TOEICボキャドリル(わんこ版)

今日の日付入りカレンダー


02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

ブロマガ購読者数

現在0人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

英検準1級単語4択ドリル


英検準1級単語ドリル by 英語のゆずりん