INDEX    RSS    ADMIN

鹿児島旅行(7) たまて箱列車と九州新幹線

旅行記の続きです。
今年は暦の上で長い正月休みだったので、九州方面の旅行とついでに帰省を計画しました。
交通費が片道分が浮きます。
自由旅行を計画する時、移動費が一番お金がかかるので様々な工夫をしています。
今回も数か月前から マイレージや株主優待を狙って準備をしました。

ネットを使い安くてもよいホテルや移動手段を考えました。それもまた楽しみの一つです。

「九州新幹線」に乗りたいと言っていた夫。
「博多」へ帰省するには、「鹿児島中央」から出ています。
「指宿」ー「鹿児島中央」までは、「たまて箱列車」という面白い乗り物があります。
(たまて箱列車をクリックするとHPにジャンプします。)
一日に数本しかないので ひと月前からしっかり予約完了!!(1500円で乗れます。)
凄い! 私。。。自分をほめたい。

写真 3 (7) 写真 2 (14) 

ワクワクして乗車。

写真 4 (6) 写真 3 (6)

やや子供向けのようでした。
本が置いてあったり座席以外に座れる空間があったり。また海側に向いている席からは、きれいな海が見えました。


写真 5 (3)

知林ヶ島干潮時には長さ約800mの砂州(砂の道)が出現し、知林ヶ島まで歩いて渡ることができます。(この時はそういう風には見えませんでした。時間帯が違いした。)

写真 3 (10) 
(こんなサービスもあります。)

一時間弱の旅でしたが、ただただ海が続く景色。心がなごみます。
本当に良い列車に乗れてよかったでしょ。。。みんな。。。


写真 1 (13)

寝てました。


男と女は見て感動するところがつくづく違うんだなあと。

鹿児島について、10分強で新幹線に乗り換えです。
急いで弁当を買わないと。。。夫が改札でトラぶっています。

「何してるの??」「通れない。」「え??」


よく見ると、3人分の乗車券を買い忘れていました。
九州は安いんだね~~。新幹線使って3人で18000円で済むんだ。と、とんでもない勘違い。

慌てて乗車券を買い、弁当は電車の中。(いい弁当は売り切れていたり)
九州新幹線は、とても広い車内。リクライニングもすごく素敵で乗り心地よかったのでした。





「いろんなハプニングあったけどよかったね。」というと
夫が「これ見て。。。7日前に買うと7500円で乗れたよ。」と
「3000円も安いじゃないの。。」
九州ネット早得」サイト
(九州は高速バスがとても発達していて安いので、値引きがたくさんあるようです。)
ショック!!

しばらく立ち直れませんでした。


それでも息子も楽しかったようで何よりでした。
今回も良い旅でした。




今日の英語は、 「しごとの基礎英語」から

「~でないと思う」という表現を 
「I think ~not~.」
とは言わないで、先に否定文が来ると。
「I don't think ~~.」


Just a minute. That's not what we meant.

「ちょっと待ってください。 そういう意味で言ったのではありません。」

となるとさ。
スポンサーサイト

鹿児島旅行(6) 浦島太郎ゆかりの地 浦島神社

旅行記の続きです。
12月31日旅行最終日です。

朝温泉の後、帰りの時間までまだ時間があるので指宿の名所に行ってみようと。
重い荷物(この後帰省するのでその荷物もあり)を持っての移動は 面倒なので一か所にしました。

長男が知覧に行った頃から、「レンタカーがよかったんじゃあないの」と盛んに言いますが、経済的にもまた現地の乗り物のほうがよりその土地を感じられるという私の持論から却下。

またまた40分程バスにのり「長崎鼻」へ。

ここには「竜宮神社」がありました。

写真 3 (5)

浦島太郎が竜宮へ旅立った岬とも言い伝えられています。
竜宮は沖縄のことなのですね。
縁結びの神様で 貝殻にお願いをしたら叶うと。

写真 (162)

母はしっかりお願いしました。彼女ができたらまたここまでお礼参りに来ますよ!(切実な願い)


写真 4 (11)

長崎鼻は薩摩半島の最南端に突き出た岬。
海越しに眺める開聞岳はまた特別に美しい。
天気が良い日は屋久島や硫黄島までみえるそうな。。。


写真 4 (5)

ごつごつした岩を歩いていると、
なんだか火曜サスペンスのワンシーンのようで。。。この写真私が殺されそうになってます。笑)


写真 1 (4)

思ったより素敵な場所でラッキーでした。

写真 2 (4)

重い荷物を持たなくて歩けたのは、バスを降りてすぐの売店のおばちゃんが
「荷物ここに預けて行きなさい。」と。

何かお礼にお土産を買おうとしたのですが、そこで売っているのが「岐阜県」や「大阪」のお菓子。
「気にせんでいいいから!」

と言われ大笑い。気にするなって言われても鹿児島に来て土産物がよその土地のものだなんて。
「本当に鹿児島の人は、面白いね。親切だけと笑える。」とず~と笑っていました。


しばらくして夫が
「気にするなっていうのは、無理して買わなくてもいいよっていう意味の『気にするな』じゃあないの?」と




可笑しいおばさんは。。。。もしかして私かも。
黒糖を使った麩菓子(鹿児島産)を買って帰りました。

なんだかんだで楽しい旅でした。








今日の英語は、オンライン英会話

毎日デイリーニュースを読んでいますが、とてもためになります。
ニュースは こちら">こちらを。

毎日話すので話題が無くなると、このニュースを読んでお互いの意見を話します。
今毎日1時間の英語の勉強ができます。
続けることはとても良いこと。
最初のころは 早口でめちゃくちゃな英語だったのが、少し落ち着いて話せるようになりました。
ついでに語彙力もこのニュースでつきそうです。

Editer先生との話はいつも盛り上がります。
2人で笑ってばかりです。

今日は 最近の経済のニュースから アンチエージングの話すまで話題が尽きません。

「若いね~~」とよく言われるので私の顔面筋肉トレーニング「FACE LIFT EXERCISES‏」の方法をお教えしました。
その姿に大笑い!

先生は、マニラに出張したときに「PROTANDIM‏」を買ってきたと。
私の美容法は、お金がかかりません。
「You should eat fruits‏・・・ pineapple, kiwi‏...tropical fruits‏」
南国の果物は「anti-aging‏」によいけれど 食べすぎには注意。

「Sometimes I get angry with my husband and I feel that I also upset my health then I would change my disposition and treatment to him.‏ It improves my health.‏」

これが一番うけました。

「Not getting angry is not just good for my health but also for my relationship with my husband. 」

そもそもつまらないことで怒っていたのですがね。。。

「城山」そして 「知覧」へ。 鹿児島旅行(4)

翌日、「知覧」へ行こうと思ったら息子が「見たいことろがある。」と

西南戦争で西郷さんが追いつめられて自決した場所に行きたいと。
このホテルから「城山」方面はとても近かった。
ホテルに荷物を預けて、観光スポットへ行く循環バスのバス停がありました。


「西郷銅像前」に着くと、城山を背にそびえ立つ西郷はんが。
世界を見ているようでした。
DSCF3744.jpg

知覧行のバスが少ないのに気が付いたのですが、夫が「城山」に行きたいと。
DSCF3745.jpg

みんなの意見を聞いているとせっかく計画していても変更が多く、その度調べ直すのです。
少しむっとした私でしたので、よい写真が撮れません。城山から見る桜島の景色もよかった。

バスにのり、「西郷洞窟」まで
写真 4 (2)

西南戦争は、このあたりに作った私学校の生徒の暴走で始まったのですが、政府軍の総攻撃を受けて私学校の幹部と最後の5日間をこの洞窟で過ごしたそうです。

荷物を持って鹿児島駅に。バスがないなら電車で行こうかと安易に考えていました。
知覧は少し奥まっていて電車の駅がなかったのです。タクシーでもと思いましたが、結局バスを待ちました。
(後でこのホテルの前からバスが出ていたのに気が付きました。ホテルの人に相談すればよかった。)
12時47分「鹿児島中央」発、「特攻観音入口」14時6分着。

山道を通りながら、「永遠の0」で読んだ風景が見えてきます。だめ。。感情移入し過ぎる。

知覧特攻会館」たぶん夫が鹿児島に行こうといった理由は、ここだったと。
太字をクリックするとHPにジャンプします。

太平洋戦争末期沖縄戦で,人類史上 類例のない爆装した飛行機もろとも敵艦に体当たりし亡く なられた陸軍特別攻撃隊員1,036名の遺影・遺品・遺書・手紙などを保存公開しています。
 特攻隊員が書き残した遺書や手紙等は,「戦争の悲劇」,「愛する者への想い」が綴られた「平和への遺言」であります。
 これら資料は,戦争の悲惨さを世界の人々に語り継ぎ,「二度と戦争を起こ してはならない」ということを発信する,人類にとって極めて貴重な記憶遺産であると信じています。
」(会館HPから抜粋)

写真 1 (2)

読んでいると涙が止まりません。
語り部さんの話も一人一人の育った環境などを加えて話すので 身近に感じとても切なくなります。
百田さんの本や映画の中でも 若い優秀な学生が最後に特攻になっていくのですが(優秀なので飛行機技術を早く身に着けるという理由) 若い方をなくすのはつらいです。

写真 2 (3)
みんな達筆なんですよ。
ここで最後の夜を過ごし やり残したこともたくさんあっただろうに。。。



長男も次男も実は修学旅行で訪れていたそうです。
アメリカで日本人が嫌いな人にもたくさん会いました。
それが戦争なんですよね。



知覧は、たくさんの武家屋敷があるのですが、時間もなく、バスの本数もない。
タクシーもまったく走っていない。
そこにも、特攻が飛び立った場所にも行けず、息子にレンタカーがよかったんじゃあないのと。

写真 3 (2) 
(知覧茶は とても有名でおいしいです。)


確かにレンタカーもいいけれど、バスに乗ったり単線の電車に乗るのもまた旅らしい。
指宿まで、バスだけで行く方法もありましたが、都合のよいバスがなく、電車に乗り換えたほうが早い。
「喜入」駅(きいり)までバス、そこから電車に乗りました。

写真 4 (3)

「喜び」がたくさん入る駅らしい。長男はちゃっかり切符を財布に入れてました。
なんとJRなのに電子カードが使えないんです。

偉人を輩出した鹿児島・・・鹿児島旅行(3)

旅行記の続きです。

市内にもどり、レンタカーを返却に行くと、1時間分の追加料金を取られませんでした。
500円の保険に加入していて、1時間遅れでも大丈夫に(3000円近く節約できました。)

鹿児島の人って本当に優しいんです。
実は、12月28日は雪の予報。「借りるか?」だというと予約しているのに、
「当日までキャンセル料いらないよ~~。」って。そんなことあるんだ。

レンタカーの店の方に聞いたおいし店での夕食まで、長男と別行動。
私と夫は、「維新ふるさと館」へ。

image.jpg
(撮影禁なので お借りしました。)

音と光、ロボットを使った臨場感あふれる体感シアターです。
ここでは、幕末から維新にかけての英傑たちが主役となって、日本の夜明けを描いた「維新への道」を上演してました。

勉強でもスポーツでもお互い切磋琢磨して有能な人材が同じ場所から出てくるのですね。
環境というものもいかに大切かを感じます。

西郷隆盛」さんの座右の銘は「敬天愛人」(けいていあいじん)
写真 1
「天がわけへだてなく人々に恵みを与えるように、私も仁の心で民衆を愛したい。」と。

そして、「大久保利通」さんの揮毫したのは、「為政清明」(いせいせいめい)
「政治家は、自らをただし、清廉潔白でなければならない。」と。
写真 2 (1)

大久保利通(1830~1878) 政治家。薩摩藩士。旧名,一蔵。西郷隆盛らと倒幕運動を推進。維新政府の参議となり,版籍奉還・廃藩置県を断行。征韓派下野ののち,政府の中心となり,地租改正・殖産興業政策などを推進した。西南戦争鎮圧の翌年,島田一郎らに暗殺された。

写真 3
「篤姫」もここ鹿児島です。

学校で習う歴史や地理は大嫌いだったのは ストーリーがなかったからかな?
土地を訪れて食べたり、見たり、触れることって大切ですね。

土地のおいしいもの食べたいよ。
旅行を計画するとき、旅館の食事には飽きるので市内の場合はビジネスホテルと居酒屋に決めています。

「吾妻人」地元の人がたくさん来るので、予約していたよかった。(維新ふるさと館近く、屋台村の前です。)


写真 1 (1) 写真 (158)
きびなごやかつおの刺身、黒豚のとんかつなどもおいしかったのですが、一番は地鶏の刺身でした。こりっこりなんですね。
鹿児島では、焼酎のメニューに「生」と書いているのです。
夫は、酒飲みが多いから生で飲むんじゃないか?と。それは違いました。
この後に、お湯か氷などをもらい自分で調合するようです。
高いかなあと思ったのですが、ノンべい3人で食べて飲んでも1万円ちょっとは安いしおいしい。
その辺の人に聞きまわるのが一番ですね。笑)

泊まったホテルは、「リッチモンド」

写真 2 (2) 写真 3 (1)

結構広いホテル、「金生町」山形屋デパート前で電車で降りても1分。年末3人で14,000円は安いな。(楽天高評価…最近口コミあてになるな。)

鹿児島の路面電車にも乗りました。
隣に座っていた関西の大学に行っているお兄ちゃんとしばし話を。
「鹿児島は外に出て良さがわかるんです」(何処も同じかな?)と、「指宿もいいよ~~」と。翌日行くけどね。

自由旅行は楽しいですね。



今日の英語は
毎日30分かけてデイリーニュースを読んでから25分のオンライン英会話をするということは
毎日コンスタントに1時間も勉強しています。

「Your ears are used to hearing English.‏」

「 Now, I also watch tv and listen to the radio.‏My friend from Russia is now my good friend. She is Russian by birth but she changed her citizenship when she went to the US 17 years ago.‏ She advised me that I should be watching tv everyday.‏
She said that it's okay if I don't undersand it at first, but in 6 months time, I will be able to understand much better.‏
But movies are difficult for me to understand.]

「 tv series‏, tv drama‏… The Desperate Housewives‏
    it has many intrigues‏」

Jさんがアメリカ人になったのは最近だったのに。。。伝わっていなかったな。

塩浸温泉龍馬公園 そして桜島

旅行記の続きです。朝早く出発したかったけれど夫が二日酔い。
私に運転頼むといわれビビっていましたが、安全のため10時ぎりぎりの遅い出発。
夫は何とか運転できました。夫は酒を控える旅行なら行かないとさ。

桜島に行く前に、「塩浸温泉龍馬公園
この温泉に浸かったようです。奥のほうに龍馬さんが入った温泉あったのね。
足湯しながら温泉卵は食べましたが・・。
写真 (146)

龍馬さんの直筆の手紙や詩が残っていました。
犬飼滝は36メートルなのに「蔭見の滝(犬飼滝)は五十間も落ちて 中ほどには少しもさわりない」
と五十間(100M)と、物事を大げさにいう癖があったそうです。
とボランティアの面白いキャラのおじさんの話、カメラをどんどん近づけて写真を撮るのです。
(アップは笑いすぎて載せられません。)

写真 (144)

この服、「龍馬さん」が着たのではなく、「福山さん」が着たんです。来たんです。(大河の撮影で)

写真 (154)

龍馬さんとおりょうさんここから山に登って行ったそうな。

面白おじさんの話に聞き入ってしまい、時間を取られすぎた。
急いで桜島に向かわないと。。。


鹿児島空港近く(まだ霧島)を通ると、大きな西郷像が見えたので立ち寄りました。

西郷公園
写真 (155)


大きな西郷像があるだけ。

写真 (153)

この像は奈良に建てる計画がなくなり 場所を探し、ここに決まったとか。
市内にある西郷さんより寂しそうでした。(主観 汗)


そして。。。「桜島」へ




レンタカーの返却が2時半だったので、急いでホテルに荷物を置いて。。
急に思い立ち、フェリーに車ごと乗りました。
ここまで来たら 歩いて回るより効率いいし。
時間はないのに、フェリー乗り場のラーメンやは、素通りできません。おいしかった。

写真 (156)

桜島が見えてきました。
湾の中なので波も凪いでいる海がまた静かな感じで素敵です。
15分の短い旅。とにかく車がたくさん。 桜島って宮崎側(垂水市)は陸続き。
島に渡るの人は観光客だけでなかったのでした。

写真 (152)

まずは「有村溶岩展望所」に

丁度100年前に大噴火して溶岩原の小高い丘で 溶岩を一望できます。

DSCF3741.jpg

遊歩道の途中にも数か所噴火したときの待避所などがありました。
歩くと「灰」だらけ。


DSCF3740.jpg


写真 (151)


長男がテレビで見て、行ってみたかった場所は、こちら

DSCF3742.jpg

「自然の前には 人は無力」ですが、「経験に勝るものもなし」 危機管理をして助かる努力は必要だと思います。
(昨日も、次男のアパートの近くに大きな公園を見つけました。)

写真 (149)

島を1周してまたフェリーに乗ったのでした。



長くなりましたのでこの辺で。
追伸昨日のフィリピンの着物ではなく、KIMONA(きもな)だと。
18歳が成人で その時はフォーマルドレスを着るそうです。

これが 伝統的なフィリピンのドレスです。
ここ

FC2カウンター

プロフィール

sakuramom

Author:sakuramom
おしゃべりが好きな東京在住主婦です。
夫のアメリカ駐在に2年だけ同行して、IN州にたくさん友達ができました。
英語がぺらぺらと出てくるように勉強を続け、日々の生活も楽しみたいとも思っています。

カテゴリ

TOEICボキャドリル(わんこ版)

今日の日付入りカレンダー


03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

ブロマガ購読者数

現在0人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

英検準1級単語4択ドリル


英検準1級単語ドリル by 英語のゆずりん