INDEX    RSS    ADMIN

続き・・Budweisor(バドワイザー)のビール工場見学 セントルイス旅行(7)

セントルイス旅行・・・アンハイザーブッシュカンパニーのビール工場見学ツアーの模様をアップします。

beer



2人の案内人が連れて行ったくれたのは・・・馬舎でした。

今でもここには10頭ほどの馬がいます。

説明の英語が良くわかりませんgな・・・真ん中にこの荷台が置いているので、多分ビールを運ぶのに馬が活躍したのでしょうか?


beer



いよいよ工場内へ





ここは?
 「Beechwood again cellears」

Beechwoodはぶな材のこと。
実はここは最終工程の「第二次発酵」の場所です。
ブナ材とビールを混ぜて飲みやすい味とする最終工程です。




馬舎の糞臭いところから一変、とてもいいビールのにおいがしました。



beer

[広告] VPS



次は、ビールが作られるまでの話を。
敷地が広いので、ビールの工程どおりには、まわれません。


beer


 例のお姉さんが、素材に何が使われていますかと、子供に質問していました。

素材は、二条大麦、六条大麦、米・・そして水などです。

ここからは・・日本のバドワーザーサイトから転写しました。
ビールができるまでの話なので・・・興味のない方は素通りしてください。
(英語でこの工程を話していたと思われますが・・・全く聞き取れず)

1.・・・「糖化」

粉砕された麦芽と米が、それぞれ仕込み釜の中で湯と混ぜられます。
この行程は「マッシング」と呼ばれます。
米のもろみは沸騰された後、麦芽のもろみと混ぜられます。
そして温度が注意深く調節されて、麦芽の中の酵素がでん粉質を糖分に分解していくのです。


2.・・・「麦汁ろ過」

穀粒は、その後甘い溶液すなわち麦汁と分離されます。
これが「麦汁ろ過」と呼ばれる工程です。
麦汁は、ゆっくりと醸造釜にろ過されていきます。



3.・・・「煮沸」

ろ過の後、煮沸釜に入った澄んだ甘い麦汁溶液に熱が加えられ、煮沸されます。



4.・・・「冷却」

煮沸が終了すると、次に麦汁は冷却されます。
クリーンな麦汁をつくるために、アンハイザー・ブッシュ社は独自の2段冷却プロセスを行っています


5.・・・「一次発酵」


冷やされた麦汁は、次にfermenter(ファーメンター)と呼ばれる発酵槽に移されます。
そして槽の中にバドワイザーのオリジナル酵母が添加されます。
この酵母が甘い麦汁溶液をアルコールと炭酸ガスに分解するのです。
この発酵過程と酵母がバドワーザーの個性を作り出します。


6.・・・「二次発酵」

発酵の最後に酵母は取り除かれ、発酵したばかりのバドワイザーが熟成タンクに移されます。
北米産のビーチウッド(ブナ)の木片が入れられて、飲みやすい味わいが作られるのです。
2次発酵の工程には約3週間かかります。
また熟成工程中には、ビールは定期的にテイスティングし、評価されます。







beer

「mash tanks」 「mash」は麦芽汁のこと

ここは、麦汁のろ過工程かな?

beer

階段を上ると「brew kettle」「brew」は醸造という意味なので

ここが「煮沸かな?」「kettle」は「ケトル」やかんという意味なので・・。

kettle




はいここまでが・・・製造工程

beer


次は。。ちょっとばかり歩いて・・・「パッキング」つめることをの工場に
beer



beer


こちらもかなり大きい工場。

だだ広いところにいろんな機械がひしめき合っていて・・遠くから見ると何か分からず・・・


階段を上って・・・入っていきました。中に


これは、ビールのふたを閉めて次のつめるところに行くところかな?


ber


箱にどんどんつめられて出来上がっていきます。

beer




これで工場見学は終了。
ただ・・・本当に広い工場で歩きました。
また歩いて戻るのかなあと思えば・・・こんなバスサーービスが。
とても暑かったので助かりました。




beer

そして・・・いよいよ試飲です。


beer



ここで自分の好きなビールを沢山飲めますが・・・ちょっとぬるいのですよ。
残念なことに・・・。

スナックも着いてきました。


beer


実は帰りの時間を大幅にオーバーしていたのであまり飲むことができず。
午後の2時を回ってしまって・・・これから6時間かけてひたすらカントリーロード(今日のESLで習いました
back roads というそうです。)を走りました。



長い話を最後までお読みいただきましてありがとうございました。


よろしかったら「ぽち」お願いします。

ランキングは励みとなります。


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Budweisor(バドワイザー)のビール工場見学  セントルイス旅行(6)

すっかり遅くなってしまったセントスイス旅行記

セントルイスクルーズは、またGATEWAY ARCHばかりになりそうなので

「Budweisor(バドワイザー)」で有名な

beer


「Anheuser-bush」(アンハイザー ブッシュ)という会社のビール工場の見学の様子をお伝えします。

beer




5月31日に行ったので、忘れた事も多く、思い出しながらのアップです。

ミズーリ州、セントルイスの郊外から、車で約15分くらいのところに工場はありました。

「バドワーザー」は日本でもなじみの銘柄。

世界一といわれるくらいの販売量を持っているそうです。


日本でも日田や、北九州のビール工場を見学したことがありますが・・・世界一というだけあった規模が違いました。


beer


まず私たちは、アンハイザーブッシュという会社の歴史をここで少し。


beer





beer



この会社で作っているビールのようです。
沢山の銘柄がありますね。

アメリカでは、本当に沢山の種類のビールが売られています。
なんといってもアメリカは、日本のように「ぜいたく品」とみなされていないので、税金が余りかかっていない分、値段が安いのです。
(ですから、日本のビールやお酒で、大量に輸入しているものは日本と値段が変わりません。しかし・・焼酎やおいしいお酒はとても高い値段で売られています。)



車社会ということもあすのか、?ですがアルコール度数の低い「ライトビール」がこの国では好まれるようです。
夫が言うに「水のようなビール」です。
夫は・・KEYSTONE ICEという、5.9パーセントのアルコール度数のビールしか飲みません。
(日本じゃアサヒのスーパードライ一筋の男です。)




「ブッシュ」と盛んに言うので最初は、ブッシュ大統領の何かかと思いましたが・・会社の名前でした。

1852年にドイツ系アメリカ人のアドルファス・ブッシュによって創業された、アメリカ国内で12カ所のビール工場を保有していんます。
 (もっと詳細は、ウィキペディア






beer

ここに工場を作ったときに、移民だった関係だったからか?ですが(英語が分かりません)工場の周りに、住宅や学校を作ったようです。


そして・・・この「バドワイザー」という名前は、チェコのビールの名産地の地名で、ドイツ語で「バドワーザー」というため、名前をめぐって、商標を巡る訴訟に発展したそうです。
今は解決済み。





beer

会社名より有名になった「バドワーザー」は
1876年から作られ始めました。

beer




昔は、ビンが一本25セント(一ドル100円なら・・・25円かな?)だったのですね。

beer

今でも、6本で(アメリカはほとんどが6本売り以上です。 7から8ドルかな?ですから1本120円?
 350ミリの缶だと、6本で4ドル(80円くらい?)です。)
いかに日本で売られているビールが高いか(税金分も輸入費用も入っているから)


beer



私コレクターではありませんgな・・・こういう昔のパッケージは好きです。
なんだか歴史を感じますね。



beer




beer




beer

多分この4本が売れているビールではないでしょうか?
Budweisor と、BUD Lightは、今まで試したことがありました。

今回の試飲で・・・私が気に入ったのは「AMERIKAN ALE」です。
多分、ブラックとホワイトのハーフの色のビールだと。
軽すぎず、強すぎず私は好きでした。

これ ↓
beer



beer


この後、この元気なお姉さんとお兄さんが工場見学に連れて行ってくれました。


姉さん、とってもアメリカ・・ンな方で・・英語も早くて・・聞き取るのがかなり厳しかったです。
みんな笑っているのに・・笑えないときに・・・ふと・・寂しさを感じます。




工場内の続きは、明日にでも。


こういう工場見学などすると・・すぐに影響される私ですから・・・アメリカにいる間にできるだけ多くのビールを飲もう思いました。


ビールとお肉と、乳製品が、とっても安い。





「見て歩き ますます飲みたい ビールかな」


「バドワイザー ここでは安く 手に入る」


















よろしかったら「ぽち」お願いします。

ランキングは励みとなります。


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村

セントルイス旅行(5) GATWAY ARCHに上る。

7月4日は、「独立記念日」です。
思ったよりも「National holiday」が少ないアメリカ。
3日休みがあれば、たいてい旅行に行くのですが・・・夫が一時帰国。


昨日の夫のフライトは、途中で飛行機の羽の調子がおかしいと、1時間くらい飛行した後、オヘア空港に引き返しました。
ま。。安全のためなら仕方ないといえ、点検中も外に出られず、20時間は飛行機の中だったと。
ご心配頂きましたが・・・大丈夫でした。
・・・・心配性の私の方が今日は体調↓・・毎度情けない性格です。


「独立記念日」前後は、どこの街もお祭りが沢山で、一週間くらいにわたっていろんな行事があると。
私は、暇なはずでしたが・・・駐在員のご夫妻に夜のイベントに誘われました。
夜の運転は危ないからと、お迎えにもきてくれると・・・ああ・・嬉しい!


お昼にランチにも誘われて、忙しくなりそうです。



夫のいないこの間に旅行記を書き上げようと思っています。
暇ではないようですが・・もう書かないと記憶が薄れています。
少しずつで申し訳ありませんが・・・アップしたいと思っています。


セントルイス旅行は




5月30日と、31日で車で行きました。
前の記事は こちらを参照。


セントルイス旅行


arch


2日目の朝早起きをして、 「ゲートウェー アーチ」に上ってきました。

セントルイスのシンボルであるアーチは、高さ約200メートル。
人工のモニュメントとしては全米一。
開拓時代にミシシッピ川を越えて、未知の土地であった大西部に向かった人々を記念して作られました。

確かに大きなアーチですが・・どうやって登るのかなあと思っていました。
4.5人ずつ、観覧車の乗り物のようなものに乗り込み・・・約5分くらいで頂上に到達。

arch


arch



一番上が、展望台となっていました。
あまり広くもなく・・わずか10分くらいで戻らなければなりませんでした。

セントルイスの街全体が見渡せます。

arch



arch


カーディナルスの球場も見えました・・真っ赤です。

arch


写真がうまくとれませんでしたが・・・実は・・・もっと遠くの方は・・・なにやら錆びれた感じのところが多く・・それがこの後のクルージングで明らかとなります。

街の繁栄・・・そして・・・衰退していった街の後がくっきりと見えます。


アーチの中は・・・こんな感じです。

arch


[広告] VPS



この後、クルージングまで時間があったので・・・セントルイス教会(世界で最大級を誇る教会)にいきましたが・・・たいしたことなく・・・私の街にある大学の中の教会の方が凄かった。

まさか・・・間違っていたのでは?・・

church


church


このパイプオルガンは素敵でした。

church


日本の観光ガイドがないので・・・。





よろしかったら「ぽち」っと一票お願いします。
ぽち頂いてありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村


セントルイス旅行(4) ヒルトンに泊まる。

土日は、夫と2人で映画館(1.5ドルで半年前の映画がみれる。)に行ったり、テニスをして過ごしました。
結局誘われたクラブにはいきませんでした。
踊るほど元気が残っていません。
いくのならしっかり楽しみたいので・・・今回はやめました。


渡米して一ヶ月で・・・旅行三昧でした。




アメリカでの生活費などは、全て夫が管理しています。
いったい旅行にどれくらいかかったのか・・・記録に残そうと昨日は、レシートやクレジットの明細をまとめていました。


一番お金がかからなかったのは・・・この「セントルイス旅行」です。
なんといっても移動手段が「車」
往復で1200キロ走ってもガソリン代は・・・60ドル程度。
(やはり・・・ハイブリットのインサイトは凄い!)

ナイアガラ旅行のときは、バッファローまで飛行機代が一人5万弱。
前のワシントンDCも同じくらいの値段。
(これは、格安で買った場合。)


だから・・・皆さん車で移動するのですよね。
日本人のように、短期旅行でない理由も分かります。



散在していても旅行にいけたのは・・・一泊分のホテル代がポイントでたまっていたからです。
実際にはそれは使わなくて・・・・「ヒルトンホテル」に泊まりましたが。
前日の夜に予約したら・・かなり安かったみたいです。

ヒルトン」泊まるの??


hiruton

hirutonn


hiruton


hiruton

残念ながら・・そんなに凄いホテルではなかったです。(もうひとつここにはヒルトンがありました。)
シカゴの前に行ったホテル(前の記事)↓や
                CONRAD
それから最近母とシカゴにいった時に、トイレを借りた(夫は泊まったことがあるようですが)ホテルの方が凄かったなあ。
(このホテルはシカゴ旅行でアップします。)

ダブルルーム一部屋一万円。(2人分です。)
これにパーキングや税金が入って133ドル。
普通は2倍から3倍の値段です。


夜のクルージングのはずが・・・電話をする時間が遅くて予約できず・・・何だかとっても疲れたので・・・2時間ホテルで休みました。

この日は急に暑くなって多分30度近くまで気温が上がり、その上、歩き続けてダウンです。
ブルースの聞けるレストランも遠いし・・・あきらめました。


そして・・近場のここ。

思ったより素敵なアメリカ・・ンなレストラン。
Caleco's
すっかり気に入って。

hirton

hirton


お値段もリーズナブル。

hirton


hirton

お料理はおいしかったです。(値段もリーズナブル・・・60ドルでした。)
アメリカでアメリカンタイプのレストランに入るときは、「甘くない」「塩が効いていない」といって日本人にはちょうど良いと思います。

そういったら・・「それを言われたら・・頼むものないよ。」
といって2品だけ紹介されたものを食べました。(夫の分は写真が失敗。クリーム味でした。)

高速の休憩所で、疲れたからと「コーヒー」を日本の感覚で砂糖とミルクを追加したら。。死にそうに甘い・・半分水で薄めても甘さの残るコーヒーを飲む羽目になって・・以後気をつけようと。
この国の甘さと、塩味の感覚が・・私には理解できません。


cook

パブもあるけれど・・・「gateway arch」のライトアップがみたいなと店を後にしました。

dinner


ホテルからも・・このレストランからも歩いて5分くらいのところにあるります。

近づいて写真を撮ると

gateway


gateway arch

本当にでかいんです。

8時からライトアップのはずなのに
全く暗くならないのでライトがつきません。


gateway arch

しばらくして・・あきらめて帰りました。
夫が暑い暑いというので・・。
ビールの飲みすぎだよ。



gateway arch

次の日は、あのアーチの上に登って、その後、すぐ近くの波止場から、ミシシッピクルージング。


dinner
(この写真・・私は何をしようとしていたのでしょうか? 手の位置が自分でもとっても気になります。)

あれだけ暑かったのに・・・ここ1週間は涼しくって・・からだがついていけていません。



応援のクリックを宜しくお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村

セントルイス旅行(3) 親切なおばちゃんお勧めスポット。

親切なおばちゃんという言い方は、とても失礼ですね。
その方は・・・前回書いた、「Union station」の中の旅行案内に座っていた女性。


行きたいスポットは調べたものの・・住所を持ってきてなくて、クルージングの出発場所が分かりません。

夫はそれでも何かで調べる派(英語の観光案内など)
私は・・・何でも聞く派。


とっても暇そうにしていたので・・・いろいろと長いこと聞きました。
「ゲートアーチやここ意外に、貴方のお勧めのスポットはどこですか?」て聞いたら、

「forest park は、とってもきれいでいいわよ。それにクルージングやるのなら、ディナーつきのナイトクルーズがお勧めよ。」って事で。。

Forest Park 」目指して・・・



map
(おばさんがくれたmap)

案内を読んでいると・・池があったり、農場があったり、テニスコートに動物園。
暑いし・・・もう歩きたくない・・涼しいところは・・というと


Missouri Histry Museun」でした。

musium




museum



museum

とっても人が多いからおかしいなあと思ったら、「VATICAN SPLENDORD」が開催されていました。
それは。。15ドルでしたが・・人が多かったです。

今イベント中でした。
「VATICAN SPLENDORS」

バチカンの「splendor」は「豪華さ、荘厳」という意味です。

有名な方の有名な作品が沢山。

私が一番好きだったのは・・・

pieta

多分これ・・

「ピエタ (Pieta) 1499年
174×195cm | 大理石 | サン・ピエトロ大聖堂(バチカン)」

公開当時より圧倒的な支持を受けた、彫刻家ミケランジェロ初期の傑作『ピエタ』。主題は中世?ゴシック期より最も特徴的で広く一般に普及した祈念像『ピエタ』。

バチカンの絵画などの中の様子がここで見られます。
映像が流れてすぐの作品がこれだと。

興味のある方は、↑のサイトをご覧ください。
音楽もいいですよ・・・アメリカではなく・・そこには・・贅沢なバチカンの世界が始まります。




て・・・・私たちは・・・missouri州の歴史を知りたかったのに・・・
後に他の展示を見て・・なんだか・・・?ね。

気を取り直していろいろみました。

いちばん印象に残ったのは、


チャールズ・オーガスタス・リンドバーグ(Charles Augustus Lindbergh, 1902年2月4日 - 1974年8月26日)


「1927年に「スピリット・オブ・セントルイス」と名づけたかなりシンプルなプロペラ機でニューヨーク・パリ間を飛び、大西洋単独無着陸飛行に初めて成功。
1931年には北太平洋横断飛行にも成功した」。

でも・・・出身がセントルイスでもないし、とんだ場所でもないという素朴な疑問に・・・

ネット検索で

「リンドバーグはセントルイスに住んでいたわけではないのですが、彼の仕事がセントルイス?シカゴ間を往復する郵便飛行士だったんです。
そして、その偉業を成し遂げた飛行機の名前『スピリット・オブ・セントルイス号』の由来は、この計画のスポンサーとなった航空業の発展を望むセントルイスの企業家達(セントルイスの空港の名前であるランバート氏もこの中の一人です)がセントルイスの宣伝のために名づけた名前です。」http://www.ops.dti.ne.jp/~kumikoyo/kakorogu68.html



そんな由来から、ここの博物館にたくさんの展示品があったのですね。


帰ってから・・・調べ直すので・・・もうすこししっかり見ておけばと・・・いつも後悔しています。




アメリカの美術館って面白いなあと思うのは・・・他の国からお借りしてきた場合の展示は、撮影禁止。
アメリカが所蔵しているものに関しては、どんなにすばらしい絵画でも・・フラッシュなしで撮影OKなのです。





写真を後で少しアップします。

今日は・・・国際結婚したこちらの友人とランチ。
明日は・・・ESLのお友達をよんで、日本食パーティの予定です。
ちょと緊張・・・口に合うかが心配なのです。




応援のクリックを宜しくお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村

FC2カウンター

プロフィール

sakuramom

Author:sakuramom
おしゃべりが好きな東京在住主婦です。
夫のアメリカ駐在に2年だけ同行して、IN州にたくさん友達ができました。
英語がぺらぺらと出てくるように勉強を続け、日々の生活も楽しみたいとも思っています。

カテゴリ

TOEICボキャドリル(わんこ版)

今日の日付入りカレンダー


10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

ブロマガ購読者数

現在0人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

英検準1級単語4択ドリル


英検準1級単語ドリル by 英語のゆずりん