INDEX    RSS    ADMIN

ナイアガラ旅行 (4)

ナイアガラに行ったのは、実は2回目。
最初は、新婚旅行で行きました。
そのときに、ボートに乗って滝の近くまでいきましたが・・・本当に間際で見ると迫力があります。

今回は、母が乗りたくないというので、今度は滝の裏の洞窟のような所からみる、ツアーに参加。

niagara


まずエレベーターで地下にいきます。
滝の近くなので水しぶきがかかるので・・・黄色の雨具を着用。

niagara


地下道を通ると・・・滝の目の前に出てきます。

ナイアガラには・・・大きな滝が2つ。
ひとつは・・向こうに見える滝。



niagara

カメラを近づけると・・・こんな感じの水しぶき。

niagara



そして・・もうひとつは・・・

すぐ横です。

niagara

すぐ横に迫っているので・・・とっても怖い感じです。


が・・・・迫力が伝得きれないのが・・・残念。



で・・・・・やはりこれかな??


滝の裏側から・・・滝の迫力を感じてください。



[広告] VPS



やはり水量が違います。
沢山の水が流れるので。。。。怖いくらいでした。


地下道の中にいろいろなことが書かれていました。

「EROSION OF THE FALLS」

「erosion」は侵食

滝の侵食が進んでいるのがひと目でわかります。


niagara



niagara


そして・・事故で滝に落ちて助かったのは・・・たった一人。
この男の子だけだそうです。

絶対に助からない・・・みたら納得。

この子だけ・・助かったのはラッキーですが・・その前の話がとても悲しくて・・・
後で・・映画でみました。


niagara



そして。。。どこにでもある・・・お寿司。
ここでもアジアンフードとともに売られていました。


niagara


日本でもナイアガラ旅行が流行った時期がありましたよね。
多分・・・20年くらい前(新婚旅行いったし)


大橋巨泉の店があったのですが・・・・今もありました。

あの人今どうしているのかな?


応援のポチをたくさん頂きありがとうございます。


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

ナイアガラ旅行 (3)

今日で色々な行事が終わりました。
5月8日に渡米して、義母も一緒に連れてきたものですから・・・本当に忙しくて。


ただ・・・終わってしまえば・・・これからとっても暇なのです。




実は・・・今日は夫が出張で帰って来ませんから、一人で留守番です。

前よりも「怖い」という感情は減りました。
以前は、本当に怖くて窓も閉めっぱなしでした。


慣れですか?



ただ・・・今の私には大きな悩みがあります。


夫が夏休みをとるために、7月の初めに日本に帰ると。
10日間・・・ここに一人で残るか?ついて帰るか・・・思案中です。
8月1日には次男がアメリカに語学留学で来る予定なので・・・私が一旦日本に帰ると多分・・・ひと月は日本に戻ることに。


え?また帰る?
まだ帰りたくないけれど・・・一人でここで暮らせる????


やはり異国ですよね。
かなり・・・精神弱いので・・・ここで10日一人暮らしできるか?とても不安です。


早く決めないと。

長時間の飛行と、時差ぼけの生活を取るか、精神的な孤独を取るか?
一年くらい住んでいると、残れるのですが。まだトータルでも半年くらいしか住んでいません。






ということで・・・暇なのでブログをゆっくり書いてます。


5月14日から一泊で、義母と夫と3人でナイアガラに旅行に行ったお話の続きです。

私たちの街は小さな町なので・・まずはシカゴまで一旦飛行機で飛んでそれから・・・バッファローへ。


私は日本から来るときには、地元の空港は利用せず夫に2時間かけて車で迎えに来てもらいます。
小さな空港の飛行機は予定通りに飛ばないからです。

初めてシカゴまで飛びましたので・・・飛行機からのこの景色は初めてです。

ミシガン湖の東側から西側に飛んでいます。

niagara

シカゴの街が見えます。
東京などと違って意外とシカゴは小さな街なのがわかります。


niagara

シカゴの国際空港、オヘア空港は、国内線のハブ空港でもあります。


niagara


バッファロー(ニューヨーク州)につくと、早速レンタカーを。
格安のところに頼んだら・・・こうやってレンタカーやさんまで送迎サービスが。
一泊で約6千円・・・は・・安い。
(もちろんカーナビや、保険もついています。州の免許証だと保険も安いのです。)



niagara


レンタカーやさんが、「パスポート持っていますか?」
ナイアガラは、アメリカ側からもカナダ側からも見えますが・・・スポットのあるのはカナダ側。

アメリカ人は、ナイアガラはアメリカだと勘違いすることが多く、国外にでると思わず・・・パスポートを忘れたことにここで気がつくようです。
(こういうジョークも聞き取れるようになりました。)




niagara


国境近くなると・・こういう旗が。

この橋を渡ると・・カナダです。


niagara


この橋なのか・・・「レインボーブリッジ」という名前がついています。
滝の水蒸気と何かが作用して・・・虹がよくかかります。
私たちも虹をみました。

 
この先が国境です。

niagara


国境ではいろいろと質問が・・・。

思ったよりも長く質問されたのは・・・どうも「何故旅行が一泊なのか?」としつこく聞かれました。
日本人のようにあまり短い旅行はこちらの国の方はしないようです。
日本から母を連れてきているに。。おかしいと思ったようです。



またここでも面白い話です。



作り話ではないですよ。
旅行が終わって今度はアメリカに戻るときの・・・入国のときの話。


もっともっと・・・なが・・・く質問されたのです。

後ろにいた母に、「帽子を取ってサングラスを外してください。」

と。


しばらく・・・顔を見られました。


あ・・・・


これは・・・


良くなかった。文化が違うのに・・・。


母は、極端に日焼けを嫌い・・日本では長い手袋にいつ何時も日傘を手放さない方。
ですが・・私はアメリカでは日傘をささないで欲しいと頼んでいたので、つばの大きい帽子を持ってきていました。


とっても暑い日でしたから・・・車の中も日が強いので・・・そんな怪しい格好のまま、どうどうと国境を越えようとしたのです。

つばの広い真っ黒な帽子と・・真っ黒なサングラスで全体を隠した人・・・。

あ・・・・知らないということはこういうことか。
「お母さんはきっと怪しい人と思われたようですよ。
たった一泊の旅行で。。しかも顔を隠して・・・」


まあ・・無事に通りましたので笑い話ですし。ここまでする怪しい人はきっといないから・・・
異国人の当たり前の行動も時として危ないことになりかねねいと。
私はそう理解して・・・後で3人で大笑いしました。


でも・・・・実は私・・かなりびびりました。




ホテルから見る限り・・たいしたことないなあなんて・・・近くに行くまで思っていました。


niagara



応援のポチをたくさん頂きありがとうございます。


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村

ナイアガラ旅行 (2)

niagara




自然を前に語る言葉はいりません。

迫力あるナイアガラをご覧ください。


niagara


川の流れが非常に速くて・・・怖いくらいです。



niagara



これは水しぶきなのです・・・温泉ではないです!


niagara


落ちたら・・・もうOUTです。

やっぱり覗くと・・・こわ・・・・い!!



niagara






niagara




今日は・・・朝からESLでテストを受けてきました。
サマースクールが6月中ごろから一月あるだけで・・・もしこれが取れなければ・・・6月から8月終わりまで学校がありません。

リーディングが前よりかなり良くなっていたので・・リスニングが悪いと入れそうです。

その後に・・・母を連れて買い物や動物園(雨だったので中に入らず外の公園をうろうろ)して帰りました。


元気な義母を持つと・・・毎日出かけないと・・・暇そうです!



では。

応援のポチをたくさん頂きありがとうございます。


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村

ナイアガラ旅行 (1) 信じられない。ドタキャンする?飛行機乗れなかった。

ナイアガラに行ってきました。

実は私たち・・この場所には・・・20うん年前新婚旅で行きました。
歳を取ると、人生の深みがまし??・・また見るところが変わってきますね。

今回も楽しい旅となりました。


naiagara
(ベストショットかな?)


が・・・・一番面白かったのは・・・

飛行機を・・ドタキャンされたことかな?


「飛行に乗りたくないのに・・・往復で4回も乗らないとナイアガラにいけないなんて・・。」

文句ばかり言っていたら・・神様が1回分の飛行機を取りやめてくれました。






私たちの住む町は、シカゴのような大きな空港ではないので・・どこかに行くときには、まずハブ空港と呼ばれる


ハブ空港とは。。
「ハブ空港(airline hub、ハブくうこう、経軸空港、拠点空港)は、広域航空路線網の中心として機能する空港である。航空路線網を自転車などの車輪に例えると、車輪の輻(や/スポーク)部分が「航空路」、轂(こしき/ハブ)部分が「空港」にあたることからこの名称がついた。」

空港に行かなければないません。

シカゴのオヘアは、ユナイティッド航空。
オハイオ州のクリーブランドは、コンチネンタル航空のハブ空港なのです。


帰りのクリーブランドから・・・わが町の空港までの飛行機が・・・出発15分前に

「キャンセル」

は?
意味が分かりません。

bus


でも・・・アメリカではよくある話らしいのです。

説明では・・・運転手(クルー)って言っていたのでパイロットがいないとか?
本当かどうかは分かりませんが・・・
30名くらいの同じ搭乗者たちの選択肢は・・「一泊して、次の飛行機を待つか、バスで帰るか」



みんな冷静な対処をしてます。


翌日は、日曜日なので・・・また飛行機に乗れる保証もなく・・・私たちは空港までの「バス」で帰ることを選択しました。


bus


350キロくらいの道のりを4時間半かけて帰ってきました。
(東京大阪間は500キロ)
飛行機なら約一時間。
(アメリカでは飛行機に乗りたくないなんていったら・・どえらい時間車で移動しなければならないのです。)


「訴訟の国アメリカじゃないの・・・」
「一言文句が言いたい」という私に夫が、「無理な話だ」って。

6時過ぎの飛行機だったので、あらかじめご飯を食べた後に12ドルのご飯のチケットを頂きました。

これが、使えるのが、
bus


こういう店だけ・・・

「ちょっと掛け合ってくる。」


て・・・「誰に?」


私無謀にも・・・文句を言いに言ったのです。

アメリカでは


決まったものが覆されることは・・・ないのだと。

夫が言っていましたが・・・

(訴訟の国アメリカだからこそ・・こういう場合を想定した約款がきっと書いてあるのでしょう!!)








飛行機に乗れないなんて・・これから疲れているのに・・バスで4時間・・・


文句言わないと気がすまない・・・。



・・「誰か・・・・スタッフの中に日本語できる人いない?」言われ

結局」「すみません」と言われて終わり。(あのアメリカ人謝るときにお辞儀してたな?)


一度言ってみたかった・・英語で文句を・・・。




アメリカでは・・・日本で当たり前のことが・・当たり前でなく・・・


みんなまたかという感じで・・・ドーナッツを配るおばさんやいろんな人と・・同じ郷里に帰るということでおしゃべりができて・・・

まあ・・それなりに楽しいバスの旅となりました。


母も「ツアーで体験できない旅がしたい」なあんて言ってましたから・・・。

bus


スタッフが、10パーセントチケット代が安くなる割引券と、次回にフライト前に一杯お酒の飲める券を配りました。

「二度と乗るか・・と思ったけれど・・・やっぱりまた乗るかな?」


bus



bus


文句ばかり言ってられないから・・とりあえずピザやお菓子を12ドル分買って持って帰るところ・・ちゃっかりした日本人だなあと。
他の方は、使っていなかったみたいですよ。



naiagara

家に着いたのは夜中の一時でした。
本当は9時につくはずだったのにね。


応援のポチをたくさん頂きありがとうございます。


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村

FC2カウンター

プロフィール

sakuramom

Author:sakuramom
おしゃべりが好きな東京在住主婦です。
夫のアメリカ駐在に2年だけ同行して、IN州にたくさん友達ができました。
英語がぺらぺらと出てくるように勉強を続け、日々の生活も楽しみたいとも思っています。

カテゴリ

TOEICボキャドリル(わんこ版)

今日の日付入りカレンダー


02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

ブロマガ購読者数

現在0人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

英検準1級単語4択ドリル


英検準1級単語ドリル by 英語のゆずりん