INDEX    RSS    ADMIN

ワシントンDC旅行(最終) 硫黄島記念碑

夫に 「もうワシントンDCの旅行記書き上げたの?」
「うん」全部書いたよ。
「硫黄島も?」
「うん全部ね!」の会話の後一週間 やばい!!
書いていませんでした。

本当に毎日色々やりすぎ・・・
例の英語サイトもほったらかし・・・もうこれは一時帰国のときに書くつもり。



旅行最終日、飛行機に乗る前にタクシーで行った

「硫黄島記念碑」「Iwo Jima Memorial


こちらが正式名?

「Marine Corps War Memorial」


iwo


太平洋戦争中(1945.2.23)、アメリカ 軍の日本侵攻のために戦地となった硫黄島で日米軍が衝突、上陸作戦が繰り広げられた。
約一ヶ月の激戦の末、アメリカ軍が勝利を収め、占領した証にアメリカの兵士たちがアメリカの国旗を立てた。

その姿を戦地で取材した「ジョー・ロウゼンタール」がカメラに収め、これを発表。

写真を見た写真家「デ・ウェルダン」がそのままブロンズ像に表現したものらし。
(地球の歩き方・・・ワシントンDC編より抜粋)


iwo

高さ10メートル、幅約20メートル。

ここに訪れた理由は・・・
映画を2本見たから。

この話、映画になるまで私はあまり知りませんでした。

クリント・イーストウット監督の「父親たちの星条旗」と「硫黄島からの手紙」です。
嵐の「二宮君」が賞をとった・・もう2年位前の映画です。

iwo


日米の両方の立場から書いたものですが・・・
日本のものは日本っぽく、アメリカのものはそちら向けの内容に仕上がった映画で、見る価値があります。
対応してみるととても見ごたえのあるいい映画です。


映画といえば、「SHALL WE DANCE」 なんかもリメークなのに・・・最後はアメリカのものはアメリカっぽかったなあと・・・お国柄の出ている映画・・・思い出しました。

「父親たちの星条旗」と「硫黄島からの手紙」の詳細はこちらを

http://wwws.warnerbros.co.jp/iwojima-movies/

この映画を見ると・・・この記念碑もかなりの重みを感じることができます。

iwo



これで。。。ワシントンDCの旅行記は終わります。

私はアメリカに来てこの場所を早い時期に見ることができて本当に良かったなあと。
「戦争」「政治」そして。。。「アメリカの歴史」を知ることがアメリカ人を理解するひとつの早道なのかもしれないと。

ESLでもいろんな州について学んでいますが・・・この場所については、かなり詳しく色々教えてもらいましたが・・実際に行ったので良かったです。

次は・・・夫がどこに連れて行ってくれるのかな?
多分・・・春になるでしょう。


最後まで読んで頂きありがとうございました。
ランキングに参加しています。
よろしかったら・・この2つをクリックしてくださいね。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村


にほんブログ村 英語ブログ やり直し英語へ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking


スポンサーサイト

Whasington DC旅行(9) タイ料理とナイトツアー?

旅行は体力勝負です。
体力のない私は、本来なら海外旅行なんて無理。
でも・・今アメリカに住んでいますからこれは国内旅行。

自分たちで計画する楽しみもありますが・・・うまく事が運ばないことも多いのです。
一番は乗り物。
ツアーモービルも20分間隔といいながら・・・20分では来ないし、来るときは2台続けてきたり・・・。
またホテルのシャトルバスも時間より早く出発して。。。30分以上待ったり・・・そんな時間のロスが沢山。
短い旅行のときは、タクシーを利用した方がいいのかもしれません。

この2つにかなり待たされながら、私たちはホテルに一旦戻り・・・夕食まで少し休みました。

夜のワシントンもライトアップされて、ナイトツアーもいいけれど・・・一人35ドルで3時間はきついし・・・
夕食を食べた後にタクシーで少し見て回ろうと。

7時前に出発。行ったのは、「タイ料理の店」「bua」(ブーア)

trip


trip



店に行くにはタクシーに限ります。
自分たちでは到底見つけることができませんから・・・。

店内は・・・

trip



タイ人のウエイトレスに勧められていくつか注文。
せっかくだから、タイのビールを頼みました。

私はこちらのビール
   ↓

trip
(暗くて見えない?)

夫は、タイでは有名な「SINGHA」?
   ↓
trip


この「たこのげそ」、日本のから揚げと同じ味でおいしい。

trip


この皿の横にのっているオレンジのバラは、細工したにんじん。
やはりアジア人は、手先が器用。 アメリカの店では一切出てきません。
夫が、トムヤンクンを注文するも。。やや甘めの味付け。

trip


チキンもまあまあ。

trip



そして、私が注文した伝統的な「タイカレー」は10ドルもしないのに格別においしかったです。

trip

ココナッツミルクが入っているので、すぐにおなか一杯に。
この辛さは何から来ているのかしら?

いい味で大満足・・・。
店員さんとも話をしていたら・・・私たちの「地球の歩き方」の本をみて
「日本から?よくそれを持った人がここに来るのよ。」と。

思わず笑ってしまいました。
そういえば20年以上前、この「地球の歩き方」を参考にスイスのユースホテルに泊った時、日本人が一杯でした。
「良い」とかかれているところには・・・日本人が沢山出没します。(笑)

でも・・・本当にここは安くておいしかった・・・チップなくて60ドルくらいでしたから。(込みで80ドル)








その後、ホテルに戻る前にタクシーで主要な建物のライトアップされたところを見てまわりました。


帰りには雨が降り出し・・・車の中からの撮影はうまく撮れませんでしたが・・・とても素敵でした。

trip
(戦没者慰霊碑のあたり・・)


trip
(国会議事堂は近くまで行き、降りて撮影)

trip
(行きのタクシーから・・・リンカーン記念館)


そして・・・旅行といえば人との出会い。
このタクシーの運転手と・・私乗っている間ず??と話していました。
「オバマ」に期待しているし・・・あの歴史的瞬間に立ち会ったこと。
今の保険問題などなど・・・


ついでに日本人観光客の話も・・・
このDCは、「さくらの木」を日本が何百本も寄贈していて、街には日本語で案内が書いてあります。
その割りに日本人観光客が少ないとはなしたら・・・
「夏休み中はすごく多い」と。



私どこに行っても人と話したいようで・・・ガイドも兼ねた運転手との楽しいおしゃべりがまたいい思い出になりました。


trip

ホテルまで30分くらい乗って、35ドルくらい。
ナイトツアーに参加するより楽しかったのかも。
夫は一言もしゃべらず・・時に私の単語の間違いを指摘するくらいでした。




英語サイトは・・・ブログ横にリンクしています。

最後まで読んで頂きありがとうございました。
ランキングに参加しています。
よろしかったら・・この2つをクリックしてくださいね。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村


にほんブログ村 英語ブログ やり直し英語へ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking


ワシントンDC旅行(8) 「国立航空宇宙博物館」

一番楽しみにしていた「国立航空宇宙博物館」です。


私たちが行っている博物館、美術館は・・ほとんど「スミソニアン協会」が運営しているもの。

そもそも「スミソニアン」って何?
世界最大のミュージアムと、研究部門を統括している協会のこと。
19の博物館と美術館と動物園の全体を表す言葉です。

年間予算が6億2100ドル。
とてつもない額の70パーセントが国会から支出され、残りが個人団体からの寄付や、ミュージアムショップやカフェテリアの収益などでまかなわれているということです。(またまた地球の歩きからから)


この「国立航空宇宙博物館」の大きなこと。
長さ208メートル、高さ28メートル。とても一日では見れない広さを・・・今回も駆け足でまわるまわる。
                         (万歩計もって来ればよかった。)


plane


どこも簡単なセキュリティーチャックのみで無料。
入ってすぐ・・・見上げると


吹き抜けのこの展示??きた??でかい??!
凄い?迫力。


plane


plane

一つ一つ実物台なのかしら?

ここは「マイルストン」(一里塚)といわれる正面玄関のホールで、館の最重要コレクションが展示されていると。



plane




plane

 

あのアポロ11号の「コマンド モジュール

コロンビア

1969年 7月20日、人類初の月面着陸。
そのときの指令船。
アクリルケースに包まれていましたが・・・本物でした。
焼け焦げてた外皮版を見ると・・・月に行くことは・・冒険だったのですね。
何でも・・・はじめてやることは大変ですね。

pl

この博物館の見ものは、やはり・・・ライト兄弟が飛行機を作るまでの歴史。
ここが一番好きでした。夢がありましたね??未知のことをするという。

今までにないものを作るのですか・・・それまでにも他の方が沢山の実験をしてなくなっている話もありました。

「兵器としての飛行機」をアメリカ軍か郡がライト兄弟に1908年に発注したと。

wlight

そして・・できたのがこれ↓ 「フライヤー」

wlight


先ほどウィキペディアを読んでいたら、
このスミソニアンとライト兄弟にはかなりの確執があったようです。


「ライト兄弟の成功と飛行技術に関する特許取得は、飛行機が兵器として注目されていた事もあり、争いや妬みの対象にもなった。特に兄弟にあからさまな敵意を向ける二人の人物がいた。

一人目はチャールズ・ウォルコットである。ラングレーの後を継いでスミソニアン協会会長の地位に就いた彼は民間人であるライト兄弟の偉業を決して認めず、スミソニアン博物館航空史に「ライトフライヤー号」の一切を展示しなかった。」(ウィキペディアライト兄弟から)

その後1948年に認められてここに展示されるようになったのですが、前年に弟も亡くなっていたとか。

wlight

「発明」が戦争に使われる話・・・ここにもあったのですね。



そして・・・兵器として作られた各国の「戦闘機」も展示されてました。

「三菱零式艦上戦闘機52型」 

 有名な「ゼロ戦」
 総計約壱万機が製造されました。
 何が凄いのか?ですが・・・当時の技術の集大成だったとか。
 発動機の馬力が1000馬力で少なかったらしく、攻撃のときはいいけれど守りがだめだったと。
  
 好きな人には・・たまらない展示なのでしょう。私にはみんな同じ戦闘機でした。

wlight




wlight


「イタリア」の軽戦闘機。

「MC202 フォルゴーレ」

空軍力が一番劣勢だといわれていた代物。

wlight


「ドイツ」の戦闘機

wlight


そして・・戦艦の飛行機の展示も。
どのように飛ぶかシュミレーションがあったりと・・・

wlight


とにかく広いので・・・自分たちの見たいところを中心に見て回りました。

まだまだ飛行機が一杯ですが・・・。
もう一度美術館に行こうということに。


「飛行好きにはたまらない場所」かもしれません。

wlight


最後まで読んで頂きありがとうございました。
ランキングに参加しています。
よろしかったら・・この2つをクリックしてくださいね。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村




FC2 Blog Ranking




他のアメリカ・カナダ・ハワイのとこについてはクリックしてください



ワシントンDC旅行(7) ホワイトハウス周辺。

DC旅行2日目。
朝の8時30分にホテルからシャトルバスにのって、メトロの「ペンタゴンシティ」駅まで。

私たち駅までタクシーで行っていましたが、夫が「シャトルバスが出ているんじゃないかな?」と。
朝早く、ロビーの案内係りに聞きに行きました。

本当に私の酷い英語でも何とか通じるんですね。
30分間隔で最寄の駅と空港に・・最終が11時だと。


DCのメトロは、みんなこういう↓表示です。
house

その前に朝食・・・

CIMG5234.jpg

ご飯を食べていると・・「リムジン」が止まりました。
INではあまり見ませんが・・やっぱりDCには金持ちが多いのか?金持ちが観光するときにはこれを使うのか??

日本では、絶対に見れませんよ・・・長いんです。


house

2日分チケットを買っていたので、「ツアーモービル」の観光バスを利用し

house

いざ「ホワイトハウス」へ・・・

バス停の前にあった「ホワイトハウスビジターセンター」に寄りました。
到着が・・・もう10時前で・・・やっぱり時間的なロスが多いかな?

ここにはその歴史について説明されていました。

white house


「歴代のファーストレディ」の顔写真が載っていましたが・・・「わ_この人女優さんみたい?」
一番きれいだと(あくまでも・・写真一枚で判断)思ったのは、「ケネディ婦人」でした。

white house

いよいよホワイトハウスへ・・


ここから見るの?かなり遠いんじゃないの?

white

そして・・・・外壁工事中でした。

house



みんなここで記念写真を撮っていたので、私も一枚。
(写真アップは・・恥ずかしいですね。。。)

house

みんなの歩く方へいっていたら・・・どうも中に入れるような?
ですが・・・長蛇の列・・・あきらめました。
まだまだ見たいところが一杯。

ホワイトハウスのすぐそばにあったこの建物。
一番古い国賓級の方が泊るホテルだと。。。説明でいっていたような?(私が聞いているから?)


ホワイトハウスといえば・・・今年は歴史に残る「オバマ大統領誕生」
もしかしてこの旅行を企画した夫も多少なりとも影響受けているのかな・

昨日、ESLの先生にメールを頂き、これを読むようにと。
   ↓

オバマは最高の日本の英語の先生
「核なき世界演説」がとてもいい英語の勉強になると。
こうやって何かと気にかけてくださる先生です。
しっかり英語の勉強しないと。


house
最後まで読んで頂きありがとうございました。
ランキングに参加しています。
よろしかったら・・この2つをクリックしてくださいね。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村




FC2 Blog Ranking




他のアメリカ・カナダ・ハワイのとこについてはクリックしてください



ワシントン旅行(6) 夕食は「さかな」で日本料理を。

sakana

5時で閉館の「ナショナルギャラリー」を後にして歩き出した私たちですが・・・夕飯までには少し時間があると・・・近くにあった「FBI」の建物を見ました。

朝から体力のない私が歩く歩く・・そして・・DCの暑いこと・・・こちらもINと同じ「イースタン時間」ですから午後の4時ごろから暑くなるのです。

リスの行動も今考えると納得・・・
「私もう歩けない」・・・と言うことで近くの日本食の店まで「タクシー」で移動しました。

sakana

やっぱりあってよかった日本のガイドブック!
「地球の歩き方」は・・私たちの海外旅行に欠かせない代物。
今回は・・・「フロリダ」旅行をやめて急遽決めた「DC旅行」
無理かなあと思いつつも、日本のアマゾンの「中古品」サイトで買って息子に送ってもらいました。

(一年遅れですが対価の半額で購入、安い航空便で息子に送ってもらいました。
・・持つべきものは息子かな?
 全く何もしなかった息子も 今では自炊をしたり、バイトをしたり、そして。。。私の雑用の手助けしてくれます。 成長しましたね??というか・・今まで手を出しすぎました。)

sakana

「さかな」という日本食の店は「ディポンサークル」という飲食店街?です。

susi

小さなお店です。

susi

オーダーを取りに来る人もカウンターにいる人も「日本人」ではありません。
店内を見回すと・・きちんとした日本のもので統一されています。

susi


susi

「カキフライ」 約6ドル。


susi

「焼き鳥」も6ドル。

susi

「ぶりかま」もあるの? 約8ドル。

susi

「すし」は、一貫で約5ドルですから・・・30ドルちょっと。
メニューに書いてあった「貝類」がなくて、残念でした。
久しぶりにおいしい寿司を食べて満足。
ここには「ねた」があるのでしょう。
アメリカといっても・・・需要があるところには刺身はありますね。

susi

てんぷらが大好きな私は・・・・やっぱり職人さんが揚げたてんぷらが好き。
夫は、その衣を少しはいで食べるのです。カロリー高いからと・・・そんなに好きでない証拠!

susi

お料理は比較的安くて良かったし日本酒。日本のビールもありました。


合計で100ドルくらいですみましたが・・(税金10パーセント込み)
アメリカの場合はチップが15?20パーセントですから・・・120ドルかな?

アメリカでこの値段でたべれれるのは本当に安い?!
「この味は絶対にオーナーが日本人じゃないと出せない味だよね。」って夫と話していたら。。。
やっぱり日本人の「すし職人のオーナー」でした。中の調理場にいたようです。

ここで30年・・・DCで日本食とうたっているレストランの9割は日本人でない人が作っていると。
「この店あまり日本人を見かけませんね。」との問に
「日本人は外務省職員くらいですかね。」と
本当にアメリカ人が多くてびっくりしました。カウンターでひとり食べて帰るアメリカ人も。



私たちは早い時間に夕食をとったので、すぐ近くのメトロを使って・・「ペンタゴンシティー」まで
その後はタクシーで4ドルで着きました。
(ペンタゴンで降りたら・・・タクシー乗り場がなくて・・ペンタゴンシティーにあると駅員さんに教えてもらい・・・何度もメトロを使う羽目に・・・タクシーで帰っても同じ値段だったのかも。)
アメリカのいろんな場所は本当に暗くて・・メトロはまさに穴ぐらにいるモグラのような感じでした。

metro


最後まで読んで頂きありがとうございました。
ランキングに参加しています。
よろしかったら・・この2つをクリックしてくださいね。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村




FC2 Blog Ranking




他のアメリカ・カナダ・ハワイのとこについてはクリックしてください


FC2カウンター

プロフィール

sakuramom

Author:sakuramom
おしゃべりが好きな東京在住主婦です。
夫のアメリカ駐在に2年だけ同行して、IN州にたくさん友達ができました。
英語がぺらぺらと出てくるように勉強を続け、日々の生活も楽しみたいとも思っています。

カテゴリ

TOEICボキャドリル(わんこ版)

今日の日付入りカレンダー


05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロマガ購読者数

現在0人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

英検準1級単語4択ドリル


英検準1級単語ドリル by 英語のゆずりん